お庭で見つけた12の素朴な贈り物

庭は多くの人に安らぎのひとときを送ってくれます。緑に囲まれながらリラックスしたり、土を掘り起こしてみたり、草むしりをしたり、果実を収穫したりと少しだけ退屈な日常から抜け出すことができます。 庭やガーデニングは、精神的にも肉体的にも人間に良い影響を与えてくれるとする研究結果も存在します。

庭が与えてくれる恵みで、身の周りの人も幸せにできます。それではお庭で見つけた12の素朴な贈り物をどうぞご覧ください。

IMG_9855/Thailand/Koh Samui Island/Cigariris Lohita Senama/Long Banded Sylverline

1. 押花キャンドル

子どもの頃、学校で押花を習った経験がある方は多いはず。キッチンペーパーの間に花をおいたら、本に挟んでから重りを載せて、2週間ほどよく乾くまで待てば出来上がり。お花だけではなく、草や葉も同じ方法で綺麗に押し花にできます。ただ、花びらや茎の厚みがあまり無いものを使うよう注意が必要です。次に必要なのはロウソクとクッキングシート、そしてドライヤーです。

まず、ひとつずつ乾いた押花をロウソクの上に載せていきます。その上からピッタリとクッキングシートを被せて、数秒ドライヤーで乾かしてください。ドライヤーの熱でロウソクが少し溶けて、押し花がドライヤーに貼り付きます。

他にもスプーンを火で炙り、熱くなったスプーンで押花をロウソクに押し付ける方法もあります。ロウソクの表面が凸凹にならないようにだけ注意が必要です。

pint1

2. バラの花のシロップ

このホームメイドシロップはお庭でのパーティーの際や、夏の夜をバルコニーで過ごす際に最適です。冷たい水を混ぜるだけで美味しく頂けますが、スパークリング・ワインと混ぜたりやカクテルにすることも出来ます。

必要なもの:

  • バラの花びら 6カップ分
  • 水 600 ml
  • 砂糖 750 g
  • レモン 1個

水に砂糖を入れ、沸騰するまで熱します。その後、冷めるまで待ちます。水洗いしたレモンを輪切りにして、バラの花びらと砂糖水と一緒に蓋つきのガラス瓶に入れ、1週間ほど冷暗所保管してください。最後にシロップを清潔な綿の布でろ過し、熱湯消毒し、乾燥させて、温めておいた瓶に入れれば完成です。バラの種類によっては香りが異なることをお忘れなく。香りがよければよいほど、美味しいシロップが出来上がります。

pint1

3.ハーブ酢

洗練されたハーブ酢をサラダにかけると絶品です。庭に植えた様々な種類のハーブを活用して、自分だけのオリジナル・ハーブ酢が作れます。作り方は簡単です。大事なのは高品質のワインビネガーかシェリー酢、もしくはリンゴ酢をベースにすることです。酢酸の割合は5%以上が最適です。カップ3杯分のお酢に対して、カップ1杯分のハーブを使用します。ハーブに限らず唐辛子やニンニク、ラズベリーなどでも代用可能です。ガラス瓶に蓋をして、最低でも1ヶ月ほど浸け置きします。冷暗所保管すれば、お酢は1年以上もちます。

ちなみにラベンダーをこめかみに擦りつけると、頭痛に大変効果的です。

pint1

4. ヨーロッパの田舎風フラワーポット

物置きに古くなったフラワーポットをしまってありませんか?少し色を変えるだけで、まるでヨーロッパ旅行のお土産のようにカワイイ仕上がりにできます。それにせっかくのお花もポットに入れておいたほうが長持ちします。

デザインは自由です。水に強く、曇りがかった色が特徴のアクリル絵の具が最適です。コーティングには透明のラッカースプレーを使いましょう。サイザル麻のヒモを巻くとより田舎風の仕上がりに!

pint1

5. 小石でウミガメ

お庭はクリエイティブなアイデアを掻き立ててくれます。道で拾った小石とアクリル絵の具を使ってウミガメのオブジェを作って見ましょう。小石を拾ってきたらよく洗ってから乾燥させ、表面がツルツルかどうか確認して下さい。絵の具を塗る際特に気をつけたいのは、濃い色から薄い色に塗るという点です。重ね塗りする場合は、下の層がしっかり乾いていることを確認して下さい。ウミガメの目などに光沢を出したい場合はニスを使いましょう。

pint1

6. ラベンダービスケット

ラベンダービスケットを作るのに必要な材料は小麦粉250g、バター125g、砂糖75gと卵1個です。この一見シンプルな焼き菓子にラベンダーを加えるだけで、高級感が出ます。

焼き時間は180度のオーブンで10分ですが、オーブンに入れる前に、生地を冷蔵庫で30分ほど寝かせるのをお忘れなく。

pint1

7.マタタビのネズミ

なぜ猫がマタタビに惹かれるのかはまだはっきりと分かっていません。でも、猫がこの植物の臭気に恍惚を感じるのは間違いありません。マタタビを入れたネズミので動物病院に行かなきゃいけないのに、猫ちゃんがなかなかキャリーケースに入ってくれない時などに使ってみて下さい。

必要なもの:

  • 厚い布
  • 黒い縫糸(目になります)
  • 硬いひも(尻尾になります)
  • 乾燥させたマタタビ
  • 針と糸

 ハート型に切った布を真ん中で半分におります。端の広い方に尻尾になるひもをしっかりと縫い付けます。布の上半分をできるだけ細かく縫っていきます。その際、端から3センチほど残しておくようにして下さい。布を縦にして、中にマタタビを詰め込みます。最後に残りの開き目も縫って閉じます。残った布で耳を作ります。最後に黒い糸で目をバッテンに縫えばおしまいです。

pint1

8.花と砂で作るメッセージカード

必要なもの:

カードの表面を覆うように両面テープを貼ります。その上に優しく押し花を押しつけて下さい。さらにお好みのカラーサンドをカードの上にふりかけ、親指で優しく押しつけます。余分な砂は振り落として下さい。カラーサンドには様々な色のバリエーションがありますので、お試しあれ。

pint1

9. ホームメイドソープ

ラベンダーやローズマリー、バラの花などの石鹸はどこか高級感の漂う香りがします。でも作るのは意外と簡単です。手作り石鹸用素材を使えば、電子レンジで溶かし、型に入れて、お好みのハーブや花を入れて固めるだけでオリジナル石鹸ができます。

pint1

10. 地中海風ハーブソルト

ハーブソルトには様々なバリエーションが存在しますが地中海料理にはオレガノ、ローズマリー、タイム、セージを混ぜたものがオススメです。これらの香草をいくつかの束にわけて、冷暗所に吊るして乾燥させます。キッチンは湿気が多いので別なところにしましょう。
香草が乾燥したら、細かくみじん切りにして同じ量の塩と混ぜます。料理に使う前に最低でも1日しっかりとフタをした状態で置いておきます。

塩分のおかげでハーブは長持ちします。香草は乾燥させずに使うこともできますが、塩がダマになる原因となりますので注意が必要です。

pint1

庭がこれだけ宝の宝庫だったなんて驚きですね。素敵だなと思うアイデアがあったという方は友人や家族にこの記事をぜひシェアして下さい!

コメント

おすすめの記事