洗髪の際にしてしまう7つの失敗と改善策。

熱やヘアスプレーの使い過ぎなどが髪にダメージを与えることはどなたもご承知のはず。そのため多くの人がシャンプー、コンディショナーやトリートメントなどを使い髪を健康な状態に保とうとします。

しかしこれら洗髪剤も多量に使用したり、間違った方法で使ったりすれば髪を傷める結果に繋がります。今日はみなさんにそんな洗髪に関する7つの失敗と改善法をご紹介します。それではご覧ください。

1. 濡れたままの髪をクシでとかす

 

Ein Beitrag geteilt von gnot (@gnot_hairbrushes) am

毎日髪の毛にクシを溶かす人が多いでしょう。洗髪後、絡んだ毛をほどこうと濡れた髪をクシでとかす人も少なくないかと思います。しかしそのせいでクシに絡んでしまった繊細な髪の毛を意図せず抜き取ってしまうことがあります。

オススメ:シャワーを浴びる前に髪をとかしましょう。そうする事で洗髪中に髪が絡まるのを防ぎ、スタイリング剤も事前に落とすことができます。どうしてもシャワーの後に髪をとかしたいという方は、濡れたままの髪を指で優しくとかしてあげてください。

2. 毎日シャンプー

Pixabay

多くの方は綺麗で健康な髪と聞くとベタつかない、ふけの無い髪を連想するかと思います。しかし頭皮の脂腺から分泌される脂肪が髪に健康な輝きを与えるという事はついつい忘れがちです。残念ながら大きな個人差があるため、どれくらいの頻度で髪を洗わなければいけないかという決まりはありません。

オススメ:頭皮の皮脂が必要以上に失われてしまうため、毎日シャンプーを使用することは推奨しません。大まかな目安として覚えておきたい事は、「出来るだけ少ない量のシャンプーをできるだけ低頻度で」です。

3. 熱いお湯で洗髪

 

Ein Beitrag geteilt von Kacie (@aestheticb__) am

シャワーを浴びるなら熱くなきゃ嫌という方は要注意!熱いシャワーで1日の疲れを癒したい気持ちは分かりますが、髪の事を考えるのであればお湯の温度を下げる必要があります。
熱いお湯の方が髪がキレイになるという事はありませんし、逆に皮脂が溶け出して乾いたもろい髪質になる危険性があります。

オススメ:ぬるま湯で洗うのが頭皮にとっても髪にとっても最適な方法です。心臓が強い方は、シャワーから出る前に一度水で頭をすすいで下さい。そうする事でキューティクルが閉じ、艶やかで滑らかな髪に。

4. 間違った商品を使用

現在あらゆる種類の洗髪剤が市場に出回っているため、どのシャンプーを使っていいか迷ってしまうという方も多いかと思います。そんな時ボトルのデザインに目がいったり、広告を見て気に入った商品についつい手が伸びてしまいますが、次回からはパッケージのデザインではなく原材料をまず先に確認して下さい。様々な髪質に合わせた商品が出回っていますので、自分の髪質にあったものを選んで下さい。

オススメ:時間をかけてドラッグストアの棚に並ぶシャンプーを一つひとつ確認して見て下さい。そして自分の髪質に合った商品を購入しましょう。気に入らなかったら次はまた別のシャンプーを買って見て下さい。そうすればどのシャンプーが自分に一番あっているか自ずと分かってくるはずです。

5. 髪全体にシャンプー

pin1

お気に入りのシャンプーが見つかったら必ず守りたい鉄則は「少なければ少ないほど良い」。泡立ちがよく、長く洗えるシャンプーの方が髪に良いと思いがちですが、それは残念な事に大きな間違いです。逆に髪が痛んでしまいます。

オススメ:少量のシャンプーを手に取り、軽く頭皮に揉みこんで下さい。毛先は痛みやすいので洗わないように注意します。洗わなくても「すすぎ」の時に毛先まで十分浸透し、汚れを落としてくれますので問題ありません。

6. 長時間の頭皮マッサージ

pin2

頭皮にシャンプーを揉みこむ際に要注意。強くこすりすぎると皮脂が失われて頭皮が乾燥してしまう危険性があります。これはまたフケの発生の原因になりますので気をつけましょう。

オススメ:手のひらでシャンプーを泡立ててから頭皮を優しくマッサージして下さい。最も皮脂が発生しやすい生え際を重点的に洗いましょう。それから泡が全体まで行き届くように指で髪をとかします。

7. バスタオルで髪を拭く

Flickr Instagram/loladreamslollipop

シャワーの後にはすぐにでも髪を乾かしたいですよね。実はそれがすでに間違いだとご存知でしたか?バスタオルで髪を拭いて乾かす行為は切れ毛の原因になります。

オススメ:まず洗髪後に髪を絞って残りの水分を取り除きます。それから木綿のバスタオルで髪の毛を押しながら水分を吸収させます。それからバスタオルをターバン状に頭に巻いて、10分ほど自然乾燥させます。最後にドライヤーで乾かす前に、洗い流さないトリートメントなどでケアするのをお忘れなく!

髪を洗う際にこれだけ多くの間違いを犯していた事をご存知でしたか?いくつか実践してみたいなと思った項目があったのではないでしょうか。しっかりケアをする事で、いつまでも髪を健康に保ちたいですね。

コメント

おすすめの記事