女性は毎朝オーツを食べている。6週間後彼女は信じられないことに気が付いた。

オートミールとは、オーツ麦を食べやすくカットしたり、すりつぶしたりしたもの。オーツ麦(カラス麦、えんばく)は小麦と同じイネ科の植物で、馬などの飼料としても使われています。 ダイエットに最適の食材なのですが、あの独特の味もあって、ちょっと敬遠してしまいますよね。しかし、オーツ麦は体重を減らす効果だけでなく、実はとても健康にいい食材なのです。今回ご紹介するレシピでは、オートミールも飽きずに美味しくいただくことができます。

Oats

オーツ麦には食欲を抑える効果があり、体重を落とす効果は他の食材よりもはるかに優れています。これは単にオーツ麦のカロリーが低いというだけでなく、不飽和脂肪酸やマグネシウムなどの成分が多く含まれているということも理由として挙げられます。これらの要素が代謝を高め、より効率的に脂肪を燃焼させることができるのです。

またオートミールは消化器官の機能を高めてくれるので、腸などに問題を抱えている場合は摂取することで改善がみられるはずです。オートミールに豊富で含まれる食物繊維、タンパク質、ミネラル、ビタミンB1、ビタミンEといった様々な栄養素は、血糖値とコレステロールの値を抑える効果ももたらしてくれます。 

オートミールはまた鉄分や亜鉛、マンガン、銅などのミネラルが豊富なので、美肌効果はもちろん爪や髪の健康にも貢献してくれます。特に高い割合で含まれるマグネシウムによって、脳卒中や心臓発作などの発症率も下げることができるそうです。2002年には、オーツ麦またはオートミールを毎日食べることで、わずか6週間で血圧及び血中インシュリン濃度が劇的に改善したという研究結果も発表されています。

ここで、フルーツやミルク、カッテージチーズなどを使ったオーツの美味しいレシピを3つご紹介しましょう。

1. ピーナッツバターとオーツのシェイク

shake

2人前の材料:

  • オートミール 2と¼カップ
  • 牛乳  1カップ
  • ピーナッツバター  大さじ1杯
  • きな粉・プロテインパウダー(バニラ味)  小さじ2杯
  • ハチミツ  小さじ1杯
  • リンシード(アマ)の粉  小さじ1杯
  • 氷  6個

作り方:

材料をすべてミキサーにかけます。これで間食時や朝食の代わりに手軽に摂れるステキなシェイクの完成です。

2. クルミとシナモン入りアプリコット・ミューズリー

crunch

材料:

  • オートミール  大さじ4
  • クルミ(砕いたもの)  大さじ1.5
  • 黒砂糖  小さじ1
  • シナモン  1つまみ
  • スライスしたアプリコット  2/3カップ
  • 牛乳  1カップ

作り方:

スプーン1杯分のオートミールと砂糖、シナモン、クルミを混ぜ、テフロン加工のフライパンで加熱してカラメル状にしていきます。そこにアプリコットと残りのオーツを入れ、全体を絡めて完成です。

3. パンプキンシード、ナッツ、ハチミツを加えたポリッジ(オーツのおかゆ)

breakfast

材料:

  • オートミール(柔らかくしたもの)  11/4カップ
  • 牛乳  1カップ
  • ザクロなどのフルーツ  大さじ2
  • パンプキンシード  小さじ1
  • ナッツ  大さじ1杯(お好みで!)
  • ハチミツ  適量

作り方:

まず牛乳を煮立たせてオートミールを入れ、全体がマッシュされた状態になるまで混ぜながら加熱していきます。ここにザクロの種とパンプキンシード、ナッツ、ハチミツを加えます。これで一日の活力を充電!

 

ヘルシーなオートミールの朝食、是非お試しください!

コメント

おすすめの記事