【ガンの治療薬を自然界に発見】ネズミカンガルーが吐き出す果実の種に大きな期待が寄せられる

朗報です。オーストラリアの科学者がひょんなことから特定の癌に非常に有効な抗癌物質を自然界に発見しました。 そして今この新しい薬は臨床実験で良い結果を収めつつあります。

これがその注目を集めている果実です。名前を「ブラッシュウッドツリー」と言い、 オーストラリアのケアンズの近くのアザートンテーブルランズの熱帯雨林にしか育ちません。ゴードン博士とレデル博士はこの辺りに生息しているネズミカンガルーがブラッシュウッドツリーの果実を喜んで食べ、種のみを吐き出すのを見て、何か秘密ががあると考えました。

YouTube

クイーンズランドのQbiotics社は、研究にを通してブラッシュウッドツリーの種子中にある物質を発見しました。これがEBC-46です。

YouTube

そして、驚くべき研究結果がもたらされました。EBC-46には、局所的な炎症を誘導することによって腫瘍細胞の死滅を引き起こしたり、免疫系の好中球を集めることにより腫瘍に対して免疫攻撃を生じさせる非常に特殊な効能があることがわかったのです。

YouTube

動物モデルでは、癌を患う犬に試薬を注射したところ、なんと15日間で写真の右側の様に腫瘍が無くなってしまったのです。ただ更に驚くべき事に、目で確認できる初期的な患部の変化が、ものの5分で起こったというのです。通常治療の結果は数週間後に確認する事ができるのですが、ここにこの新薬の驚異的な効果を持つ可能性があります。

研究では、他にも基底細胞癌、扁平上皮癌、メラノーマ、頭頸部腫瘍に有効であることが示されています。

YouTube

その後、人体に対する新薬の臨廷実験が認可され、マーティーナ・トソさんが皮膚癌を、外科手術の変わりにを取り除く変わりにEBC-46を使用しました。すると見事に癌が消えたのです!

YouTube

今の時点では、効果は確認されたのは悪性黒色腫の初期患者のみです。また、植物の栽培と製薬のプロセスが最適化される必要もあり、大きなスケールでの生産・使用はまだ先のことになりそうですが、期待は膨らみます。

癌治療の分野で有効な薬が1つ発見されたようです!ひょっとしたらあなたの裏庭の木にも世界を変える秘密が眠っているかもしれませんね。

出典元:

コメント

おすすめの記事