カルボナーラに卵の殻を乗っけて完成体に!

カルボナーラはみんなに人気のあるパスタですが、その味を食パンでアレンジしたのがこちらのレシピです。デコレーションは切り株の形に仕上げた炭火焼風。途中まではまるでノエルケーキを作っているみたいです。少し熱を加えて濃くなった黄身をとろ〜っとお楽しみください。

材料:

ロール:

  • 食パン 12枚
  • サワークリーム 300 g
  • ベーコン 200 g パンチェッタの代わり
  • パルメザンチーズ 40 g

コーティング:

  • サワークリーム 100 g
  • パルメザンチーズ 40 g
  • モッツアレラ 60 g

飾り:

  • 卵黄 3個
  • パセリ

作り方:

1. 食パンの耳を切り落とし、お互いの端が少し重複するように3x4に並べます。麺棒で力をかけて押しつぶし、サワークリームを上面に伸ばします。

2. 炒めたベーコンをサワークリームの上に載せ、パルメザンチーズを削って振りかけます。

3. 具の側を内側にして巻き、ラップで包みます。端をキャンディの包みのように縛り30分冷蔵します。

4. ラップを外し両端を切り落として平たく整えます。コーティング用のサワークリームを表面に塗り、フォークで表面を掻いて線をつけます。パルメザンとモッツアレラを振りかけ、予熱で200℃にしたオーブン(コンベックモード)で20分焼きます。

5. 上部に殻に載せた黄身を少し押し付けて載せ、さらに5分焼きます。

6. 刻んだパセリを振りかけて完成です。

本来のカルボナーラは生クリームもサワークリームもモッツアレラも使いませんが、食パンアレンジにはぴったり!濃厚なメインディッシュとして召し上がれ。

コメント

おすすめの記事