グルタミン酸ナトリウムたっぷりのオーブンで焼く鶏胸肉のコルドンブルー

チキン・コルドン・ブルーは鶏胸肉のチーズはさみ揚げでよくトマトソースと一緒に食べますが、今回は旨味成分グルタミン酸たっぷりのトマトソースに埋めた状態で追加のチーズとともにオーブンで焼きあげる旨味たっぷりレシピです。

材料(3個分): 

  • 鶏胸肉 3枚
  • モッツァレラチーズ 140 g
  • 小麦粉 適量
  • 卵 2個
  • パン粉 適量
  • トマトソース 400 ml
  • パルメザンチーズ 100 g
  • バジル 大さじ2

作り方:

1. まな板に塩を振り、胸肉を載せて上面に塩を振ります。胸肉の横から切り込みを入れてポケット状にし、モッツァレラチーズを詰め込んでから閉じます。

2. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に絡めます。

3. 多めの油で鶏肉にしっかり火が通るまで調理します。

4. 耐熱容器にトマトソースの4分の3入れ、その上に鶏肉を載せ、残りのトマトソースを肉に載せます。

5. パルメザンチーズと刻んだバジルを載せて180℃のオーブン(コンベックモード)で20分焼きます。

伝統的なコルドン・ブルーのように子牛肉を使ったり、豚肉を使っても合うのでバリエーションをお楽しみください。

コメント

おすすめの記事