このスペインの絶品のためには肉をハンマーで叩かないといけない

チョリソはスペイン・ポルトガルでポピュラーなパプリカで真っ赤なソーセージです。そのチョリソをドイツの肉ロールの中に入れて合体させたフュージョン料理がこちら。肉をハンマーでトントン叩いて平たくする作業があるのでストレス溜まっている人にも最適。

材料:

  • 米なす 1個
  • オリーブ 60 g
  • マスタード 小さじ1
  • 豚フィレ 4個 約150 g
  • 胡椒
  • チョリソ 100 g
  • パプリカペースト 大さじ2

ソース:

  • 玉ねぎ 3個
  • 赤ワイン 500 ml
  • 野菜スープストック 500 ml
  • ローリエ 1枚
  • ローズマリー 2本

作り方:

1. 米なすを薄切りして塩を振ります。約10分したら余分な水分を拭き取り、グリル皿で焼きます。

2. グリル皿で刻んだ玉ねぎを炒め、赤ワイン、野菜スープストック、ローリエ、ローズマリーを加えて煮立たせます。

3. 豚フィレにラップをかけてハンマーで打って平たくのばします。そこに細かく刻んだオリーブにマスタードを混ぜたものを伸ばします。

なすを2枚とチョリソを載せて巻きます。油をつけた楊枝で固定して炒めます。

4. グリル皿に巻いた肉を入れ、180度のオーブン(コンベックモード)で45分焼きます。

5. 肉、ローリエとローズマリーをグリル皿から取り出しパプリカペーストを入れ、塩胡椒で味を調整し、ブレンダーで混ぜてソースを作ります。肉にソースをかけて出来上がりです。

叩いて食べてストレス発散できましたか?チョリソは辛いものと辛くないものがあるので、お好みによって使い分けましょう。

コメント

おすすめの記事