炭酸の抜けたコーラを使って便器にこびりついた水垢や尿石をキレイに掃除する裏ワザ。

スカッとした喉ごしが人気の炭酸飲料水の代表格「コカ・コーラ」。老若男女を問わずコーラが大好きという人は少なくありませんが、みなさんはコーラがトイレ掃除にも使えることを知っていますか?「飲み物をトイレに捨てるなんて、勿体無い!」という方もご心配なく!炭酸が抜けてしまった、いわゆる「気の抜けた」状態のコーラでも、トイレをピカピカにすることができます。 それでは、コーラでトイレ掃除をする方法をご覧ください!

必要なのはコップ1杯の炭酸の抜けたコーラだけ。まずはコーラを使う前に、便器をブラシやスポンジなどでかるく磨いてください。次に炭酸が抜けたコーラを便器にまんべんなくかかるように注ぎます。あとは、この状態で一晩おくだけ。次の日、トイレのフタを開けてみると汚れが浮いているのがわかるかと思います。最後にもう一度スポンジやブラシなどを使って便器をこすった後、水で流せば完了です!黄ばんでいた便器が見違えるようにキレイになっているはず。

しかし、どうしてコーラを使うとトイレの汚れがキレイに落ちるのでしょうか?それはコーラに含まれる酸性のクエン酸とリン酸が、水垢や尿石などのアルカリ性の汚れに強いためです。さらにクエン酸には除菌・抗菌効果もあるため、お掃除後の便器を清潔な状態に保ってくれます。コーラに含まれる糖分も、酸の成分を便器の表面にとどめる働きをしてくれるため、効果が持続します。コーラ特有のほのかな甘い香りも、芳香剤の代わりになって一石二鳥です。

いかがでしたか? コーラがトイレ掃除に使えるなんて驚きですね。でもコーラで便器のお掃除をする前には、かならず家族や同居人にその旨を伝えてからにしましょう。流し忘れだと勘違いされて、せっかくの効果が台無しになってしまいます。

コメント

おすすめの記事