お酢をコンドームに入れて蛇口に被せるカルキ落としの裏ワザ。

水回りはちょっと掃除していないだけで、あっという間にカルキが溜まって汚れてしまいますよね。 クエン酸や酸性の洗浄剤を使ってキレイにすることができますが、蛇口の中にこびりついたカルキはその形状から浸け置きできないため、掃除に困ってしまうことも少なくありません。そんなみなさんに、今日は水回り、そして蛇口やシャワーヘッドのカルキをキレイに落とせるとっておきの裏ワザをご紹介します。

必要なのはお酢とコンドームだけ。蛇口は飲み水が出てくるところなので、念のためコンドームは潤滑剤のついていないものを使用して下さい。まずは水回りの掃除から始めます。水回りのカルキが溜まった部分をスポンジに酢を浸してよく擦ったら、数分間浸透させます。お酢に含まれる酢酸がカルキを分解してくれるため、あとはキレイなタオルで拭くだけでピカピカの水回りに戻ります。

蛇口やシャワーヘッド部分の掃除には、水で薄めたお酢をコンドームの中に入れて被せ、カルキで汚れた部分がしっかりとお酢に浸かるように固定します。しばらく放置した後、いつも通り水を流して下さい。汚れがひどい場合、中から溜まったカルキがドバッと出てくる場合があります。あとは水がキレイになるまで流し続ければ、掃除完了です!溜まっていたカルキが除去され、蛇口から出る水流が元に戻ったのがお分かり頂けるはずです。コンドームはちょっと抵抗があるという方は、下の画像のようにジップロックを使った方法でも、簡単に掃除ができます。

pin

いかがでしたか?まさかコンドームを蛇口掃除に使えるなんて、夢にも思いませんでした。実践する際はくれぐれも、お子さんが学校にいる日中に掃除を終わらせるように注意して下さい。

コメント

おすすめの記事