コーヒーの粉を灰皿に入れ、火をつける。ようやくこれで庭でリラックスできるようになる!

庭仕事が楽しいこの季節。今回は、庭を汚染するような化学薬品などは一切使わない、虫除けの方法をいくつかご紹介します。

アブラムシは、いつの間にか庭を埋め尽くす、まさに伝染病のような存在です。アブラムシを見つけたら、ガムテープを手に巻き付け、植物をなでるようにこすってみましょう。これでアブラムシを追い払うことができます。数が多い場合は、この作業を繰り返し行う必要があるかもしれません。

庭にナメクジが出るときは、植木の周りに松の葉を並べてみましょう。ナメクジは松の葉の匂いが苦手なようで、避けながら這ってこようとしますが、とげのような松の葉を越えることはなかなかできません。または、ビールを器に入れて植木の近くに置いておくのも効果があります。ビールの匂いはナメクジをおびき寄せ、やがてビールの中に沈んで溺れていきます。この方法は、特にナメクジの数が爆発的に増加する春にかなり使えます。

Imgur/TedBuckley

ナメクジを根本から退治したいと考えるなら、庭にカタツムリを放すのがいいでしょう。カタツムリはナメクジの卵を食べ尽くしてくれます。ちなみに、ナメクジは1つの植物を食べつくしてしまうのに対し、カタツムリはあちこちの植物を少しずつかじるように食べていきます。

weinbergschnecke

庭にアリが大発生してしまった…そんな時はレモンの皮またはクローブが有効です。庭にラベンダーを植えると、目の保養になるのはもちろん、蚊やアブラムシの繁殖を防止する効果も期待できますよ。

Flickr/Paul Scott

まるで小さな吸血鬼のような蚊は、じつはトマト科の植物が持つ強烈な香りが苦手なようです。ちなみに、蚊に刺された時は、冷たい水に塩を溶かしたものを患部に塗ってみましょう。数時間は痒みを和らげてくれます。

d2623-8

庭にハチが発生した時は、コーヒーの粉を耐熱性のある容器に入れ、燃やして香りを飛ばすと、近寄ってこなくなります。なお、甘い液体を庭に放置するのは絶対にやめましょう。糖分には害虫を引き寄せる効果があります。万一ハチに刺されてしまったら、じんましんや発熱などの全身症状が出た場合はすぐにアレルギー内科へ、刺された局所のみに痛みを感じる場合は次の応急処置をします。毒を絞り出しながら、流水に当て、抗ヒスタミン軟膏を塗って冷やします。数日経っても腫れがひかない場合は皮膚科へ行きましょう。

Wasp 2011

庭の芝生をモグラにグチャグチャにされてしまった…そんなときは、アフターシェーブローションを水に溶かしたものを庭にできた穴に流し込んでみましょう。ローションの強烈な匂いによって、モグラは逃げ出していくでしょう。ニンニクやワサビなどの匂いが強烈なものを代わりに使うこともできるそうです。

注意:モグラや一部の害虫は、土を耕してくれるという良い面もあります。

またモグラは、例えば鉢植えに入れる土が欲しいという時にもメリットがあります。地面の深い部分の土は栄養が豊富で、普通は固くて掘り返せないため手に入らないからです。

Imgur/totalgoods

また、地中に生きている虫などを掘り起こしてくれるので、その虫を食べるハリネズミや鳥、カエルなどにもうれしい存在と言えるでしょう。もし庭に生け垣や岩、池、草の生い茂った箇所などがあるのなら、これらの動物たちはそこに定住して、あなたの代わりに虫を食べて駆除してくれます。

Hedgehog

そして、最後に重要なことをひとつ。もし庭にネズミを見かけたら、すぐに駆除の業者に相談してください。ハチの巣などを発見した場合も同様です。絶対に自分で触らないでくださいね!

Wasp nest

大切なことは、可能な限り動物たちを痛めることなく退散してもらうということです。あらゆる生き物は、多少なりとも人間にとってプラスの効果を与えてくれます。例えばナメクジやアブラムシのように、本当に庭の植物に危害を加える存在なのか、あるいはモグラやアリなどのようにちょっと庭を散らかしてしまっているだけなのか、よく考えてから駆除するようにしましょう。

コメント

おすすめの記事