もうディナーテーブルはいらない。代わりにこの家族が作ったものが素晴らしい!

家族全員を集めるのって意外と大変ですよね。誰かがどこかにいたと思えば、他の誰かが集まらなかったり。 学校や仕事から帰ってきても部活の練習があったり習い事があったり、バイトや重要な会議に出席するという人もいるでしょう。そんな忙しい皆が一日のうちたった一度でも全員集まって顔を合わせる。くつろげるディナーテーブルはまさにそのためにあるようなものではないでしょうか。今回ご紹介する家族は、そんな夢を現実にすることに成功した一家です。

ちなみにこの写真は、作業前のディナーテーブルです。特に特色もない、ごく普通なディナーテーブルですね。

Imgur/MidnightXII

テーブルを撤去したところです。スッカラカンの空間は作業がしやすそうですね。このスペースはおおよそ2 x 3メートルほどの大きさです。

Imgur/MidnightXII

彼らは一番長い箇所から手を付け始めました。まず、木の板を壁にネジ止めしていきます。

Imgur/MidnightXII

このときしっかりと支えを作っておかないと、後でおばあちゃんがずり落ちてしまいます!

Imgur/MidnightXII

同じように側面の壁にも支えを入れていきます。この段階では単なる奇妙なオブジェですが、これから少しずつ家族団らんの場所のイメージが見えてきますよ。

Imgur/MidnightXII

次は座る面の立て付けです。でも面板をネジで止めてしまう前に…

Imgur/MidnightXII

…表面を布張りしていきます。彼らが選んだのは撥水加工の素材です。これで誰かが食事中に何かこぼしても掃除が簡単ですね。

Imgur/MidnightXII

布の層の下に緩衝材を入れてクッション性を持たせていきます。

Imgur/MidnightXII

座る部分が完成したら椅子の土台の部分に板をはめていきます。

Imgur/MidnightXII

幅木を入れることで、全体の統一感が生まれます。

Imgur/MidnightXII

最後に、キレイに色を塗って仕上げていきます。

Imgur/MidnightXII

ここの雰囲気にピッタリのテーブルも重要なポイントですよね。これももちろん手作りで作成したものです。

Imgur/MidnightXII

最後にクッションやマットを敷いていけば完成です!これ以上に家族にとって暖かい、帰ってきたくなるような雰囲気を持ったダイニングはそうないですよね。

Imgur/MidnightXII

ついに家族全員が集まれる場所ができました。もう今までのように別々の椅子に座ることはありません。食べたり遊んだりおしゃべりしたりと、子供も大人も楽しい時を過ごすことができそうですね。

コメント

おすすめの記事