犬に舐められるのを気持ち悪いと感じていた。でもこれを読んで、それを求めるようになる。

飼い主に対する犬の献身的で一途な行動には、度々心を打たれます。先祖のオオカミの習性を受け継ぐ犬は、相手に服従やを恭順の姿勢を示す行動として相手の顔や口元を舐めてくることがあります。 これは挨拶や愛情表現の一つでもあるのですが、犬に唾液がついた口元を押し付けられたり舐められたりすることに、衛生上の理由から抵抗を感じる人も多いのも確かです。

犬の唾液には人に感染する可能性がある細菌もいるので、傷がある場合などは注意は必要です。しかし犬のペロペロとキスしてくる可愛い行為を、止めないであげて欲しい理由をいくつか紹介したいと思います。

IMG_7295

1. 犬のキスは人の免疫力を高める

犬の免疫システムは人間と異なるため、唾液に常在している微生物の種類なども人間とは違います。近年、この犬を宿主とするバクテリアが、人の免疫力を高め、気管支炎や肺炎、風邪の原因となるRSウイルスへの感染を防いでいる可能性があることが研究によって明らかにされています。バクテリアの種類は特定できてないそうですが、幼少期から室内犬などのペットを飼っていると免疫力の発達が早いといわれるのも、犬が人間を舐めることで発生する微生物の交換が関係しているのかもしれません。犬が人の生きる力を高める手助けをしているかもしれないということですね。

mi perro y sus besos

2. アレルギーの発症予防になる

幼いころから動物たちと触れ合い、アレルギーのもとになるものに慣れることで正常な免疫力をつけていくことができるといわれています。アメリカの研究者による研究やフィンランドの大学病院での研究では、犬や猫と暮らした赤ちゃんは咳や鼻風邪といった呼吸器疾患に罹る割合が減っていたという結果が報告されています。犬との生活は、小児喘息やアレルギー発症の予防に繋がるかもしれないのです。

3. 幸せな気分になる

キスされると、幸福感をもたらすドーパミンやセロトニン、オキシトシンなどホルモンの分泌が活性化されるといわれています。これが分泌されると私たちの心はとても満たされます。タダでキスをいつでもしてくれる犬がいれば、より幸せ気分を味わえるということになるかもしれません。

2013-11-24 19.49.13

4. キスで関係が深まる

犬が舐めてきても汚いといって避けてしまうのは、特にそれが飼い主であればちょっと可哀相です。犬は気持ちを察知することができます。愛情表現がダイレクトに伝わるキスやスキンシップを心掛けることは、信頼関係を築く上でとても重要です。犬が舐めてきても怖がる必要はありません。舐めてくれることは犬があなたを信頼している証なので喜んで受け入れてあげてください。

5. 口を舐める仕種は恭順の姿勢を示す行動

犬が舐めてくる理由の一つは、犬の先祖であるオオカミの本能によるものだと考えられています。オオカミは群れの中の優位な相手に従う態度をを示すために顔を舐めて挨拶をします。この本能が犬に受け継がれているため、敬意を払う相手や親しくなりたい相手への挨拶として、顔を舐めるのです。犬がもし駆け寄ってきて、顔を舐めてくれたとしたら、それはあなたに親愛を感じてくれているという証です。

True Love :)

6. 舐めてくる犬は、優しい心を持っている

犬は心配を現すときにも舐めてくることがあります。人が悲しそうにしていると、犬が寄ってきて手を舐めてくるのもこれが理由です。母犬が子犬にそうするように、犬は愛情を感じる相手に頭を擦り付けたり顔などを舐めたります。このような優しい仕種を見せてくれたときは、撫でてあげたりして犬の愛情表現に応えてあげてください。

7. 犬のストレスを軽減する

犬が舐めるのは傷を治すためでもあり、ストレスを感じているときにも舐める行動を見せることがあります。足やお気に入りのオモチャを舐めるのは、不安を解消して心のバランスを取ろうとしているのでしょう。あなたの手を舐めてくることがあったら嫌がるのではなく、優しく腕や手をしばらく差し出してあげてください!

Charlie's home!

飼い犬のキスについて、すこし理解を深めることができたような気がします。あまりしつこくない限り、止めないであげてくださいね。

出典

littlethings

コメント

おすすめの記事