これらの9つの目的に電動歯ブラシを使ってみよう。全然楽になる。

電動歯ブラシは1961年にアメリカで発明されました。それ以来私たちの口腔衛生に貢献してくれていますが、実は口以外の場所でも活躍してくれるんです。

1. アクセを磨く

pint1

特にシルバーとラインストーンはピカピカになります。歯磨き粉を少しつけて磨いてみましょう。ただし傷める可能性もあるのであまり高い指輪などには使わないほうが良いかもしれません。

2. コンピューターのキーボードを綺麗にする

ここでは乾いた状態のものを使用します。キーボードのスイッチをオフにするか本体からケーブルを抜いて掃除しましょう。一通り終わった後に軽く掃除機で吸ってあげるとはがし落とした汚れともオサラバです。

3. 爪マッサージ

pint1

ハンドクリームかネイルクリームを少しつけて5分間磨いてみましょう。ほぼネイルサロンに行ったみたいになります。

4. アルミ製ホイール磨き

YouTube/MadGeordie

アルミ製のホイール、特に昔の車についているようなスポークホイールに効き目があるようです。研磨剤をつけて磨き、水で流すという手順です。その効果はこちらのビデオ(英語のみ)をごらんください。例のホイールだとフルに充電されたもので1本分だそうです。

5. タイルの間磨き

pint1

電動歯ブラシは通常のスポンジやブラシでは綺麗にしづらいような場所でもしっかりゴシゴシ掃除してくれます。通常の掃除用洗剤をつけてあててみましょう。

6. 唇のマッサージ

pint1

ワセリンをつけて唇をマッサージすれば古い角質が取れる上に保湿効果も狙えて一石二鳥。ベッドに入る前に試してみましょう。

7. 浴室掃除

pint1

パーツの間の継ぎ目にたまる水垢って目障りですよね?あの溝を綺麗にするのも電動歯ブラシなら簡単です。浴室用の洗剤をつけてあててみましょう。

8. 窓枠のゴムパッキンの掃除

pint1

小まめに掃除をしていないと窓枠のゴムパッキンが結露やホコリなどのせいでカビっぽくなってしまうことがあります。こんな時にも電動歯ブラシは大きな手助けとなります。掃除用洗剤をつけて綺麗にしましょう。

9. ミニ電動サンダー

pint1

プロが使うようなサンダーはかなりシリアスなDIYを頻繁にしない限り、家では邪魔な存在になってしまいますが、電動歯ブラシでこのビデオ(英語のみ)のようにミニサンダーを作ればちょっとしたものを削るのに重宝します。古い電動歯ブラシのブラシ部分を切り、プラスチックの板をブラシ部の大きさに切り、同じ大きさに切った紙ヤスリと一緒に接着すれば出来上がりです。

もし古い電動歯ブラシがあったら捨てずに再利用してみましょう。

コメント

おすすめの記事