タブレットに絡んだ5つのイライラするシュチュエーションを解決する方法

現在私たちは生活の色々な場面でタブレットを使います。今回はタブレットをもっと便利に使う方法、またタブレットを意外なことに便利に使う方法を紹介します。

1. 立てて使う

タブレットを立てて使う場合にカバーを使って立てますが、もう少し安定してほしいことが有りますよね。そんな時には定規と洗濯バサミ2つを使えば倒れることもありません。これで立てて使用中の画面上の操作も気兼ねなくできます。

2. スピーカーのボリューム

iPadはスピーカーが裏についているため、音が聞こえにくいことがあります。そんな時には紙コップに切り込みを入れて本体に差し込みましょう。画面の一部が隠れますが音は前面に流れてきます。紙コップが無い場合は音を反射するような硬い壁などの前におきましょう。Bluetoothスピーカーなどの外付けスピーカーがあれば問題有りませんが、いざという時に便利です。

3. 調理時

料理をする時は作業台の上のスペースが貴重です。そしてタブレットを作業台の上に置いて見ながら料理をすると、その過程で汚れてしまうことがあります。そこでハンガーにかけて使用すれば問題を解決できます。さらに目線に近いところに置けるのでレシピの確認も楽になります。

4. 栓抜き

タブレットを栓抜きとして使うのではありません。iPad用の12W USB電源アダプタはプラグのタイプが取り替えられるようになっています。この部分を外すと栓抜きとして使うことができます。

5. 車のシート用ホルダー

長いドライブの時に後部座席のエンターテインメントが欲しい時ってありますよね?そんな時にはフリーザーバッグに入れてヘッドレストからぶら下げましょう。スクリーンもそのまま指でタッチできます。この技はキッチンで使う時にも使えます。

さあ瓶ビール片手にタブレットを楽しみましょう。

コメント

おすすめの記事