みかんを皮付きのまま炭酸水に漬ける。一夜明け、皮をむいて驚いた。

大分涼しくなってしまいましたが、のど越し爽やかな炭酸、冷やしたフルーツが美味しいのに変わりはありません。 今回は、炭酸水とフルーツを同時に楽しめる少し変わった方法を紹介します。

昨年の夏に流行った、フルーツの果実自体をシュワシュワにしてしまうというものです。「食べる炭酸ジュース」の作り方はこちら!

使うもの

  • フリーザーバッグ
  • お好みのフルーツ(みかん、ぶどう、さくらんぼ、いちごなどがおすすめ)
  • 炭酸水

Youtube/TAKASHIsTV

作り方

まずは、フリーザーバッグ(もしくはタッパー)にフルーツを入れます。みかんは皮付きのままでも剥いてもOKです!

Youtube/TAKASHIsTV

フルーツの入った袋に炭酸水を注いだら…. あとは冷蔵庫で6~7時間寝かせるだけ!

Youtube/TAKASHIsTV

冷蔵庫から取り出したみかんの見た目は普通ですが....

Youtube/TAKASHIsTV

食べてビックリ!

シュワシュワーっと炭酸を感じるはずです。

Flickr/[email protected]

Twitterにも、さまざまなフルーツで作ったシュワシュワフルーツの投稿があります:

いろんなフルーツで実験している動画はこちら:

たしかに写真や動画からも、シュワシュワ感はなかなか伝わってきませんね。でも手軽にできて美味しいので、是非いろんなフルーツで試してみてください!バナナなど皮が厚いフルーツは、炭酸が中まで浸透しないようですが、ぶどうやサクランボは想像以上のシュワシュワ感になるそうです。

すっきりおいしいシュワシュワフルーツ、是非お試しください。

コメント

おすすめの記事