Googleはあなたの全行動を把握している。それを証明するウェブサイトがある!

インターネットはいつ何時も使用者のいる場所を正確に把握している、といことを理解している人は多くないかもしれません。 とりわけ、スマートフォンユーザーの居場所は簡単に特定することができ、特にユーザーが人気アプリGoogle Mapsを使っていれば所在地の把握は尚更容易です。例えば、Googleの現在地送信機能は単にスマートフォンユーザーの居場所のみを特定するだけでなく、アップデートの都度、過去の訪問先もロケーション履歴として記録しています。

一見便利なように見えるこの機能、実は大きな弊害をもたらす可能性があるのです!犯罪者やハッカーがこの機能を悪用すれば、被害者のターゲットがどこにいるか・いたかを簡単に把握することができるのです。ストーカー被害も同様に、たとえ被害者側がどんなに用心していてもロケーション履歴を機能させていれば、加害者に居場所を容易に特定されてしまうかもしれません。

Imgur

悪い冗談のようですが、現実に起こり得ることです。もしピンと来ないようであれば、実際に確認してみるのが手っとり早いかもしれません。Googleアカウントにログインして、こちらのリンクをクリックしましょう。ロケーション履歴がオンになっている場合は、過去の自分の移動履歴が全て表示されるはずです。

maps

過剰に不安になる必要はありません、ロケーション履歴に保存する情報は、簡単に設定・管理することができます。詳しい手順は、Google ヘルプ「ロケーション履歴の管理、削除」をご参照ください。

   1. まず、位置情報機能が作動しているかチェックします。

         2. もしロケーション履歴がオン(作動しているの)であれば、オフのボタンをクリックすればロケーション履歴サービスを停止することができます。

         3. ロケーション履歴をオフに設定したからといって過去に保存された移動履歴が消去されたというわけではありません。設定タブから過去の全ての移動履歴を削除することができます。

         4. アクティビティ管理からロケーション履歴の表示をクリックすれば過去の移動履歴を確認することができます。一部の履歴の削除を希望する場合、こちらから日付などの期間単位でまたは地図上の場所単位で削除する履歴を選択設定することができます。

個人情報をGoogleにどのように扱つかわれているか、誰しも知る権利があります。あなたの家族や友人は、自身のロケーション履歴情報をきちんと管理できているのでしょうか?是非この記事をシェアしてください!

コメント

おすすめの記事