ウィスキーをロックで飲む人必見!透明な氷を自宅で簡単に作れる裏ワザ。

ウィスキーや焼酎をロックで飲むのが大好きな人には欠かせない、氷。でも家庭の冷凍庫だと、どうしてもお店で飲むときに出てくるような、透き通った透明感のある氷になりませんよね。 本日みなさんに紹介するのは、自宅でも簡単にできる透明な氷の作り方です!

そもそもなぜ家の冷凍庫で氷を作ると、白く濁ってしまうのでしょうか?それには次の理由が関係しています。まず第一に挙げられるのは、不純物です。水道水の場合、いくらキレイに見えても、塩素やカルキなどの不純物が混入している場合がほとんどです。実はこの不純物を簡単に取り除くことができる方法が存在します。それは…

水道水を沸騰させる方法です。気泡となって見た目を損なってしまう水分中の空気や不純物は、沸騰させると取り除くことができます。まずはキレイな鍋に水を入れ、フタをしてお湯を沸かします。沸騰したら、冷めるまで待ち、再び沸かして下さい。沸騰する際、ケトルややかんを使うと不純物が混入してしまうことがあるので、鍋がオススメです。お湯が十分に冷めたら、製氷皿に入れて冷凍庫へ。

さらに冷凍する方法にもコツがあります。氷はゆっくりと凍らせると、水の中に含まれる気泡が凍りきる前に抜けていくため、それだけでも氷の透明度を飛躍させることができます。凍る速度を遅らせるには、製氷皿の下に割り箸を数本置くだけ。製氷皿が宙に浮いた状態になり、凍るスピードを遅らせることができます。

いかがでしたか?こんなに手軽なやり方で、お店で出てくるような透明な氷が作れるなんて、嬉しいですね。些細な違いかもしれませんが、透明な氷で飲むお酒はやっぱり格別ですよね!

コメント

おすすめの記事