経験を積んだ主婦でもこれらの10の間違えをすることがある。服と洗濯機に最適な対処法。

服を気持ち良く切るには洗濯って大切ですよね?でも結構細かいことは気にせずに洗濯している人も多い筈。 そこで今回は10つの洗濯に関する知恵を集めてみました。

1. ファスナー

ファスナーを開けたままで洗濯すると他のものに引っかかって傷をつけます。

Weerachai Khamfu/shutterstock

2. 水着

水着の形を保つためには手洗いをしましょう。洗濯機だと伸びてしまいます。プールに入った後はしっかり塩素を洗い流すように。

Summer Swimsuit Sew-Along!

3. 柔軟剤

柔軟剤はタオルをフカフカにしてくれますが、本来の目的である水の吸収能力は下がってしまいます。

Teerasak Ladnongkhun/shutterstock

4. 漂白の回数

洗濯物を漂白する際にはその回数を気をつけましょう。白くなりますが漂白する毎に生地が痛みます。

AngieYeoh/shutterstock

5. 布団類

布団カバーやシーツは大きいのでしっかり洗剤が洗い流されないことが良くあります。特別な洗濯サイクルを使うか、洗剤なしで二度目の洗濯をしましょう。

kissen

6. 仕分け

色で仕分けするだけでなく、生地の種類によって仕分けすれば生地ごとに適した洗濯方法を選ぶことができるので服が綺麗に長持ちします。

Papa Annur/shutterstock

7. ダウンジャケット

ダウンジャケットの形を保って洗濯するにはテニスボールを数個一緒に入れて洗うのが一番です。

daunenjacke

8. 多すぎる洗剤

少なすぎる洗剤も洗浄効果を落としますが、多すぎるのも洗浄能力に悪影響を与えます。洗剤の使用方法の欄をしっかりチェックして適量を使いましょう。

schaum

9. 通気乾燥

特にドラム式はドアパッキンのところに水分がたまったりすることがあり、そのままだとカビが繁殖しやすくなります。軽く拭き取りドアを開けっ放しにして内部に湿気がたまらないようにしましょう。

lueften

10. 擦り洗い

シミなどがついたときにむやみに擦り洗いをすると生地を痛める可能性があります。シミの種類と生地をネットなどで検索して最適な方法で綺麗にしましょう。

Djem/shutterstock

これで服にも洗濯機にも優しい洗濯ができますね。知らなそうな人たちにシェアしてあげましょう。

出典

wunderweib

コメント

おすすめの記事