光るチューブにくさり編み8回。このアイディアは考えたことがなかった。

かぎ針を使った編み物が、面白い方向に進化しています。ただ単に編むだけでなく、他の素材やものと組み合わせて、新しいものをオランダ人ブロガーのカルメンが作りました。なんと足元が光る円形マットです。

用意するもの

  • かぎ針12mm
  • 布糸
  • LEDロープライト

作り方

LEDロープライトを編みこんでいくことによって出来ます。しかしライトのチューブは曲げるのに限界があるので、中心部には使えません。そのためまず中心部を作ります。

Blog/Crafty Queens

二重のループを作り、そこからチューブを縁に沿わします。

Blog/Crafty Queens

まずチェーンステッチを8つ作り、円にします。そして2周目はこのチェーンステッチで出来た輪に、編み込んでいきますいきます。

Twitter/RaiphR

このようにしてチューブをグルグルと固定していきます。コツとしてはあまりキツくしすぎないことです。

Blog/Crafty Queens

6つ作る毎に、結んで固定しましょう。

Blog/Crafty Queens

周回毎にサイズが大きくなります。

Twitter/RaiphR

最後の周は見栄えが良くなるように、二重に編みます。

Blog/Crafty Queens

チューブの最後に達する前のループは、チューブを編み込みません。

Twitter/RaiphR

これをしておけば編み目が崩れません。残った布糸は針で編みこんでおきましょう。

Blog/Crafty Queens

これで光る円形マットの完成です。

Blog/Crafty Queens

もっと凝りたいなら、ここに違うパターンのお好みの縁を作りましょう。

Twitter/crochetwcandy

白以外にもLEDの色が選べます。オリジナリティーを加えていきましょう。編み物が不得意な人は、シェアして誰に作ってもらいましょう。

コメント

おすすめの記事