沢山のにんにくで香ばしさたっぷりのブルスケッタ・チキン!

ブルスケッタは本来イタリアではガーリックを載せて焼いたパンですが、イタリア以外の欧米ではトマト、にんにく、ハーブ、オリーブオイルを混ぜたものがブルスケッタと呼ばれており、とても人気があります。今回はパンの代わりに小じゃがいもとにんにくを絡め、鶏肉と一緒に香ばしくオーブンで焼きます。

材料:

チキン:

  • オリーブオイル 大さじ1
  • 鶏胸肉 3切
  • 胡椒

ポテト:

  • 小じゃがいも 450 g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 2片
  • タイム 小さじ1/2
  • オレガノ 小さじ1/2
  • バジル 小さじ1/2
  • パルメザン 15 g
  • 胡椒 小さじ1/2
  • モッツアレラチーズ 1個

ブルスケッタ:

  • プチトマト 150 g
  • にんにく 2片
  • 胡椒
  • バルサミコ酢 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2

飾り:

  • フレッシュバジルの葉

作り方:

1. オーブンの天板に油を敷き、鶏肉を載せて塩胡椒をします。

2. 小じゃがいもを半分に切りオリーブオイル、タイム、オレガノ、バジル、パルメザン、胡椒をを絡めます。天板の鶏肉の周りに載せます。

モッツアレラチーズを3枚に切り分け、鶏肉の上に載せます。

3. プチトマトを半分に切り、刻んだにんにく、塩、胡椒、バルサミコ酢、オリーブオイルを絡めて鶏肉の上に載せます。

4. 200℃のオーブン(コンベックモード)で25分焼きます。

皿に盛り付ける時にフレッシュバジルの葉を周りに飾りつけるとさらに美味しく見えます。また作例ではバジルを細く刻んでチキンの上に載せました。

コメント

おすすめの記事