イギリスの家の間には必ずある隙間。でもそれを利用してこの2家族がしたことがステキ!

イギリスの住宅は長屋のように繋がっている場合が多く、家と家との間にはこのような隙間をよく見かけます。 普段使われること無いこのスペースに、ウィレンホールに暮らす2組の夫婦が物置以外の使い道を見いだしました。その結果が素晴らしいと話題になっています!

Google Maps

メイズ夫妻とシェルドン夫妻はお隣同士。2家族の住む家の間には2メートル程の隙間があり、そこは長いことデッドスペースとして残されていました。ある頃から、4人はそのスペースを使って何かできることはないかと考え始めました。そして4人がそこに作ったものが、イギリス中で話題になっています。

YouTube/SWNS TV

4人はその狭い隙間に、なんとパブ(イギリス風の居酒屋)を建ててしまったのです。奥行きでさえ4mにも満たないスペースに、こんな素晴らしい空間をつくりました。費用はたったの80ポンド(約13,500円)!

YouTube/SWNS TV

費用の半分は屋根に使い、ベンチには古いバスの椅子、バーカウンターには古い作業台を再利用しています。

YouTube/SWNS TV

イギリスのパブ文化の雰囲気を醸し出す飾り付けは、全て数ペンスという値段でEbayや蚤の市で購入したものだそうです!

YouTube/SWNS TV

建設にかかったのは3か月ほど。バーにはパブ定番のチップス置き場もあります。好きな時に好きなおつまみを楽しみながらお酒が飲めます。

YouTube/SWNS TV

メイズ夫婦とシェルドン夫婦は2組ともお酒が大好きで、意気投合。その上趣味は共に自家醸造。自家製のワイン、ビール、サイダーを本物のパブで楽しみたいという夢を叶えることができました。

YouTube/SWNS TV

オーストラリアに実在するパブから着想を得たという飾り付け、ポスターやステッカーなどのディテールが凝っていますね。

YouTube/SWNS TV

何も無かったスペースが生まれ変わり、素朴な雰囲気のステキなパブになりました。このあたりでは最も小さく最も細長いパブ、そのクオリティに脱帽です!

YouTube/SWNS TV

たったの13,500円で作れたなんてスゴいですね。あなたもこの夫婦2組のアイディア・行動力に感心してしまったなら、シェアしてください!日本ではなかなか難しそうですが、こんなステキなpプライベートスペース、憧れてしまいます。家飲みがグンと楽しくなりそうですね!

コメント

おすすめの記事