このライフハックでお風呂の頑固なカビをキレイにできる!

新しい家に引っ越したらできるだけ、最初のピカピカでカビのないキレイなお風呂場を保ちたいもの。 でも残念なことに数ヶ月も経つと、四隅が茶色くなってしまいます。でもゴシゴシ磨くのは厳禁。強く擦るとゴムパッキンが剥がれてしまう恐れがあります。それに加えて黒カビはただでさえ落ちにくい。今回ご紹介するライフハックを試してみてください。一晩で驚くようにキレイになりますよ!

必要なもの:

  • 脱脂綿(形を変えられるもの)
  • 漂白剤(酸素系)

漂白剤を使うときには注意が必要です。幼児の手の届くところに置かないようにしましょう。

1.お風呂場のカビはこのように真っ黒なはずです。見映えも悪いですし、非衛生的です。それでは仕事に取りかかりましょう!

imgur

2.まず脱脂綿いくつか取り出し、細長い円筒状に引き伸ばします。脱脂綿の円筒は0.5から1センチほどの厚みがあると良いです。次に脱脂綿を漂白剤に浸します。しっかりと漂白剤が染み込むまで浸けてください。それから濡れた円筒状の脱脂綿をカビのある部分に押しつけます。脱脂綿がカビに密着して漂白剤がよく浸透するように、歯ブラシの柄の部分などを使って、上からギュッと強く押して下さい。そのままの状態で一晩寝かせます。

imgur

3.するとご覧の通り、見違えるような白さになっているはずです。漂白剤の力でカビの無い、本来の姿に戻りました。

imgur

4.他の部分にも脱脂綿を同じ要領で貼り付け、強く押しつけて一晩寝かせると、あっという間に元の白さを取り戻します!

imgur

おまけ:カビが生えないようにするには、換気が不可欠です。お風呂場に窓がないなどの理由からそれが難しい場合は、濡れタオルを置いたままにしないなど、なるべくお風呂場に湿気がこもらないように注意して下さい。

コメント

おすすめの記事