ソーセージ・クリームチーズ・じゃがいものキャセロール

ソーセージ、クリームチーズ、じゃがいもピューレ。日本人にはあまり馴染みの無いコンビネーションですが、ドイツを中心としたヨーロッパでは聞くだけでヨダレが出てくるような組み合わせのようです。このキャセロールをオーブンで焼くと、もう他のものはいらなくなるくらいに魅力的だそうです。ビールや発泡酒がうまい今の季節にぴったりなレシピがこちらです。

材料:

キャベツ炒め:

  • 人参 2本
  • 玉ねぎ 1個
  • キャベツ 700 g
  • パプリカパウダー 大さじ1
  • 胡椒
  • キャラウェイ 大さじ1

クリームチーズソース:

  • ハーブクリームチーズ 400 g 無い場合は普通のクリームチーズでも
  • 卵 3個
  • 胡椒
  • パセリ 大さじ2

じゃがいもピューレ:

  • じゃがいも 1 kg
  • 生クリーム 150 ml
  • バター 40 g
  • ナツメグ 小さじ1
  • 胡椒

トッピング:

  • モッツァレラチーズ 150 g
  • ソーセージ 16本 ニュルンベルガー・ヴルスト
  • ローズマリー 1本

作り方:

1. フライパンに油を敷き小さいサイコロ場に切った人参とみじん切りにした玉ねぎを炒めます。さらに刻んだキャベツ、塩胡椒、スパイスを加えかき混ぜます。蓋をして10分炒めます。

2.クリームチーズソースの材料をボウルに入れハンドミキサーで混ぜます。

3. 皮を剥いたじゃがいを茹で、潰した後に他のピューレの材料を混ぜます。

4. じゃがいもピューレを耐熱容器に入れてヘラで平らに伸ばし、キャベツ炒めを載せます。クリームチーズソースを注ぎ、モッツァレラチーズを載せます。

4. ソーセージを炒めローズマリーで香りをつけ、耐熱容器のチーズの上に並べます。

5. 180℃に予熱したオーブン(コンベックモード)で30分焼きます。

ザ・ジャーマンみたいなレシピですね。さあビールを用意しましょう!

コメント

おすすめの記事