びっくり!玉ねぎを使った民間療法8選

twitter/Daring Girl Fashion

よく知られていることですが、玉ねぎは食材としてだけでなく、他にも色々な健康のための素晴らしい効能を持っています。欧米では古くから生活に取り入れられている、玉ねぎを使った民間療法を8つご紹介します。

1. オニオンティー

風邪を引いてしまったとき、お湯を沸かしてその中に玉ねぎを入れてみてください。しばらく置いてからこれを飲みます。味はお世辞にもいいとは言えませんが、鼻炎や喉の痛みを和らげタンのからみを解消してくれます。また気道を楽にする効果もあるようです。

imgur

2. 耳栓

玉ねぎには、耳痛を抑える効果も期待できます。方法は簡単、玉ねぎを耳に入れるだけです。玉ねぎが持つ、抗炎症作用が効果的に痛みを抑えてくれるのだとか。

3. 涙

目にゴミが入ったら出来る限り早くそれを取り出したいものです。しかし目をこすってはいけません。角膜を傷つけてしまう恐れがあります。目に異物が入った場合は、台所で玉ねぎを切ってみましょう。涙が異物を洗い流してくれるはずです。

imgur

4. 傷薬

キッチンで指などを切ってしまった場合も玉ねぎが活躍します。傷口に押し付ける事にで止血を助けるだけでなく、滅菌や消炎などの効果もあります。またそれに加えて回復も早まります。

5. 傷跡の変色に

漉し器に切った玉ねぎをこすりつけて、汁を布などに浸して傷にかけておきましょう。人の体には、小さな切り傷や手術跡などの傷がありますが、玉ねぎを擦り付けることで変色が薄くなるといわれています。1日2回を3日繰り返してみてください。

6. 皮膚の軟膏

牛乳を沸騰させ、そこにパンを1枚と玉ねぎを1個を入れてペースト状にします。患部を綺麗にしてからこのペーストを塗ります。乾くまで2時間くらい待ち、その後ぬるま湯で洗い流します。皮膚炎や感染症などに効果があるとされています。

7. 日焼けのアフターケア

日焼けをすると皮膚が炎症を起こし赤くなります。玉ねぎをこの部分に当ててみましょう。その後に卵白を塗ると、より効果的です。すぐに効果が現れるはずです。

8. 虫刺されに

蜂に刺されると皮膚が腫れて痛くなります。刺された後にまず水で洗い流し、玉ねぎを押し付けます。これが解毒を助け、また炎症を抑えてくれます。

玉ねぎは万能薬。玉ねぎの便利な使い方、家族や友達にもシェアしてください。

コメント

おすすめの記事