この男性は木製パレットを二つ重ねてノコギリで切った。その結果が素晴らしい。

DIYで作られた木製パレットのベンチは、その見た目に迫力があり、見るものを惹きつけます。 いろいろ作り方がありますが、比較的簡単で調整もしやすいこちらの方法に人気が出ているようです。

Youtube/Ollari's

ステップ1: どの高さで座るか

最初に椅子の座る部分の高さの調整をします。一番良いのは実際に座ってみる方法。もしパレットの上にクッションを引く場合、この時にクッションの厚さも考慮しましょう。一番上に来るパレットは木の面が一番スムーズなものを選び、板が壊れているものなどは避けましょう。後でサンドペーパーをかける時の手間が違います。

Youtube/Ollari's

ステップ2: 背もたれ

背もたれに適したパレットを選びます。実際に背中が当たる部分がスムーズになるように、最低でもパレットの半分が綺麗なものを用意しましょう。片側から50センチのところを長い板の方向に合わせて切ります。

Youtube/Ollari's

背もたれになる部分に切り落とした残りの板を移植して、背の当たる面を埋めるようにします。

Youtube/Ollari's

このように釘で固定します。

Youtube/Ollari's

ステップ3: 組み立て

パレットの上面についている長い板を30センチに切ったものを2つ作ります。

Youtube/Ollari's

これらの短い板を左右から四分の一のところにそれぞれ固定します。

Youtube/Ollari's

背もたれをパレットのベースに差し込みます。

Youtube/Ollari's

ステップ4: 固定

長い板を52センチに切ったものを2つ用意します。これで背もたれの角度が一番心地よく座れる角度に調整します。 

Youtube/Ollari's

ネジで背もたれを固定します。

Youtube/Ollari's

ベンチをひっくり返して差し込んだ板の部分をネジでベースに固定します。

Youtube/Ollari's

余裕があればこの写真のようにアームレストを作ることもできます。出来上がったらクッションをたくさん並べましょう。

Youtube/Ollari's

アームレストで椅子全体の高さを上げることもできます。

このようにオシャレなクッションを作れば室内でも十分オッケーです。

こちらが作り方のビデオです(英語のみ):

さあ、パレット探しに出かけましょう!

コメント

おすすめの記事