【経血の色は健康を計るバロメーター】色から婦人科系疾患の可能性をチェック

生理をワクワク心待ちにしている女性はそういないでしょう。度々、鈍痛や下腹部に疼く痛みを伴い、スポーツなどの活動の制限や空腹感に悩まされ....ナプキンやタンポンなどの生理用品を定期的に付け替えなければいけない手間は言うまでもありません。

ときに一部の女性にとっては希望の兆しであったりもします。つまり妊娠していないというサインです。その一方で、妊娠を望む女性にとっては辛い知らせでもあります。

そしてもちろん、定期的に約28日周期で生理のある女性であれば、ホルモンバランスが安定しているかどうかを知ることができます。

とはいえ、生理中に経血を注意深く近くで観察する人はいるのでしょうか?大多数の人は観察したことなどないかもしれませんが、それでもその価値はあるのです。経血の色をサッと確認するだけでも、自分の健康状態・婦人科系疾患の可能性について知ることができます。

1. ピンクがかった赤

ピンクまたは淡い赤の経血は、生理が始まる頃に見られます。しかしもし生理中であれば、婦人科で医師の診断を受けた方が良いでしょう。内臓損傷やクラミジアといった性感染症、ホルモン変動の可能性があります。生理初期にごく少量、短期間で終わるのであれば、妊娠初期の兆候の可能性もあります。妊娠の初期段階では生理予定日前後に軽い出血が起こることもあります。そのためすぐには妊娠に気づかない女性も多いのです。

2. 明るい赤

経血の色が鮮血のような明るい赤であれば問題ありません。5〜6日中に生理は終わるでしょう。もし生理が長引くようであれば、婦人科医での診断をお勧めします。非常に明るい赤色の場合はエストロゲンの数値が低い可能性もあります。数値低下の原因としてはダイエットや過剰な飲酒が考えられます。

3.   ダークレッド

生理期間中、出血量の多い2〜4日目、経血の色は赤黒くなりがちです。もし赤黒い色の出血過多の期間が長く続くようであれば、子宮筋腫の可能性も考えられます。暗赤色の経血はエストロゲンの数値の上昇のサインでもあります。

4. オレンジがかった赤

黄色がかった正常な分泌物が経血に混ざり、その結果オレンジがかった色になることがあります。 不快な臭いがする場合、膣感染症の可能性も考えられるので婦人科で診断を受けましょう。

5. 黒褐色

ナプキンやタンポンについた黒褐色にギョッとする女性もいるかもしれませんが、心配いりません、いたって正常です。血を連想させる赤色ではなく、かさぶたのような黒褐色の経血は生理終盤にみられます。

6. グレー

経血がグレーの場合、緊急事態です。塊状のグレーである場合、感染症や時には流産の可能性も考えられます。早急に婦人科で医師の診断を受けましょう。

生理中の経血の色は健康を計るバロメーターでもあるんですね、是非次回の生理でチェックしてみましょう。その結果、気がかりな発見があれば早急に婦人科医の診断を受けましょう。症状の悪化など深刻な事態を事前に防ぐことができます。ささいなことであれ、体からのサインに意識を傾けることはより健康的な生活のためにも価値はありますね。

コメント

おすすめの記事