スマホの持ち歩き方あなたは大丈夫?電磁波の影響で無精子症になる危険性あり

家を出るときほとんど自動的に鍵を掴んでズボンのポケットに入れ、携帯をもう一方に突っ込むという人も多いのではないでしょうか。 でもこの何気ない習慣が体にとって非常に悪い影響を与える可能性があるということに、気がついている人はあまりいないでしょう。

携帯電話を入れるのにぴったりな場所のようですが、実はズボンのポケットに入れるのはやめておいたほうがよさそうなのです。その理由をご紹介します。

何年もの間、世界中の保健機関がスマートフォンの使用と体への近接性とガンのリスクとの関連性を研究し続けています。今のところはっきりとした結論はまだ出ていませんが、これまでに得られた調査結果は健康への悪影響を示しています。多くの調査が携帯電話の使用と皮膚ガン、精巣ガンとの関連性を示しているのです。さらに携帯電話の使用が中枢神経系(CNS)に影響を及ぼすとする研究結果もあり、中枢神経系は全身の制御を司る領域であるだけに影響が懸念されます。

でもどうしてこんな影響が出るのでしょうか?スマートフォンは無線周波数の形式で電磁波エネルギーを生成します。つまり携帯電話が体に接近すればするほど、体はより放射線に晒されることになり健康に悪影響を与える可能性があるということです。

movil

スマートフォンをズボンのポケットに入れて歩けば、男性の場合スマートフォンは必然的に睾丸に近くなり、精子の生成や運動率を減少させる恐れもあると言われています。でもパニックになる必要はありません。携帯電話をポケットに入れている人がみんな無精子症になるわけではありません。しかし危険性はあるということです。電磁波は目に見えなくても常に存在し、生殖に影響を与えると言われています。睾丸の精子にはいつも元気で泳いでいてほしいもの。後悔しないためにも気をつけておいた方がいいでしょう。

mujer

気をつけた方がいいのは男性ばかりではありません。妊娠中の携帯電話の使用過多や、携帯電話を胎児に近い場所で保持しておくことは、生殖機能に深刻な被害を与え流産を引き起こす可能性さえあると言われています。

携帯電話の健康被害については様々な見方が存在しますが、放射線が体に良くないことは確かです。研究調査の結論は出ていないものの、安全策を取るつもりで注意を払って置いて損はありません。次回の外出の時には、携帯電話はバッグかコートに入れてできるだけ電磁波の影響を避けましょう。体にとって優しい選択です!

コメント

おすすめの記事