肝臓に毒素が溜まっている6つのサイン

体内で最も大きな臓器、肝臓。肝臓は食物を栄養素として体が吸収できるよう変化させ、脂肪を消化するために必要な胆汁を作っているだけでなく、ファストフードや糖分、アルコールやタバコなど体内に入った毒物を分解し、害のないものに変える大切な役割を果たしています。 そんな肝臓、実は切っても元に戻る再生機能を持つただひとつの臓器だということを知っていましたか?

sdf

ラットなどで行った実験では、3分の2を切り取られた肝臓が、1週間ほどで元の大きさに戻っていたそうです。そんな強い臓器である肝臓は、病気で85%が使いものにならなくなっても働き続けることができると言われています。そのため、病気になっても症状が出にくい「沈黙の臓器」と言われているのです。再生機能の強い肝臓ですが、炎症が慢性化すると元に戻らなくなってしまいます。肝臓を日頃からいたわって、デトックスしてあげることが必要です。

以下の6つの症状が出ていたら、肝臓のお疲れサインだと言われています。

1. アレルギー

sdf

元気な肝臓では免疫細胞が活発で、体に入ってきた細菌やウイルスを食べ、ウイルスに感染した細胞や老化した細胞を処理しています。つまり肝臓が疲れていると、免疫細胞も正常に機能しなくなるのです。こうしてアレルゲンが体に留まると、体はヒスタミンを生成するためアレルギーが悪化します。皮膚のかゆみ、じんましんが出たり、くしゃみを頻繁にするようになります。

2. 口臭

口臭も肝機能の低下を示していることがあります。ブレスケア製品やレモン水、緑茶などでも臭いが取れず、特にアンモニアのような臭いが漂っていたら医師の診断を受けましょう。

3. 急激な体重増加

食べ過ぎているというわけではないのに体重が急激に増えていたら、肝機能の低下を疑ってもよいかもしれません。肝機能の低下により、体内の有害物質が肝臓に脂肪として蓄えられてしまいます。こうして脂肪肝と呼ばれる状態になると、新陳代謝が正常に行われず、インスリン抵抗性が生まれて血糖値が上がり、体がむくみ、体重が急激に増加することがあります。

4. ニキビ

asf

ニキビの原因は様々ですが、テストストロンが過剰に分泌されるのも大きな原因のひとつ。肝機能が低下すると、テストストロンなどのホルモンを分解する能力も低下するためです。

5. 汗がアンモニア臭

肝機能が低下すると、有害物質のアンモニアの分解能力も低下するため、分解されなかったアンモニアの一部が血液中から汗となって排出されるため、汗からツンとしたアンモニア臭が漂います。

6. 倦怠感

Pixabay

肝機能低下によって有害物質が分解されないまま血中に流れ込むと、体は毒素を排出しようとエネルギーを使うためより多くの休息を必要とします。疲れやすくなったり、休んでも倦怠感が抜けないのです。

肝臓に溜まった有害物質を取り除くには?

細菌感染のほか、栄養バランスの悪い食生活や、アルコールの過剰摂取、喫煙、運動不足などによって肝機能は低下します。これまで見てきたような6つの症状に心当たりがあったら、まず食生活を見直し、禁酒、喫煙、適度な運動を心がけましょう。肝臓のデトックスに有効な食べ物としては、ビーツ、にんじんなどのβカロチンを豊富に含むもの、トマトやほうれん草などの緑黄色野菜、解毒効果を促進するターメリック、くるみやアスパラガスなどが挙げられます。

pi

まずは、禁酒、禁煙、食生活の見直しですね。再生機能の強い肝臓がいつか音を上げてしまう前に、肝臓が出している危険信号を真剣に受け取った方が良さそうです。

コメント

おすすめの記事