クールな裏技:ロープを使ってバッテリーが切れてしまった車を動かす

携帯電話の電波が入らない荒野で迷い、車まで動かなくなってしまうという不運に見舞われることも長い人生のうちにはあるかも知れません。 そんなときも、車のバッテリーが切れているだけだったらジャックとロープさえあれば車を簡単に動かすことができます。ただしこの裏技は、小さいガソリンエンジンのマニュアル車にしか使えません。

まず、車をジャックで持ち上げ、片方の前輪が自由に動くようにします。

YouTube/Shake the Future

それからロープをタイヤの周りに巻きつけます。あとでロープを引っ張るのに十分なくらい余分な部分を残しておいてください。さらに進める前に、ここでジャックが安定しているか、パーキングブレーキが引かれているか確認してください。

YouTube/Shake the Future

次に車のギアを3に入れ、エンジンキーを回します。

YouTube/Shake the Future

ここが一番大切なところです。ロープを掴んでできるだけ強く引っ張ってください。芝刈り機を始動させるときのような感覚です。

YouTube/Shake the Future

タイヤの回転でエンジンを始動させることができるはずです。

YouTube/Shake the Future

こちらのビデオで手順を詳しく説明しています(英語のみ):

ジャックとロープさえあれば、困ったときも自分でなんとかできる!

出典

YouTube

コメント

おすすめの記事