石に生命を吹き込みリアルな動物に変えてしまうストーンアーティスト

中田明恵さんは子供の頃から石を集めるのが好きでした。数年前、河原を散歩中に中田さんはあるものを拾います。 その冷んやりとしたスベスベな石を見て、こう思ったのです。

「ウサギみたい!」

そこからこの一連のシリーズは出発しました。

自然界の石の形を最大限に利用して、その筆で石をリアルな動物に変えてしまうというものです!

コマドリだろうとパグだろうとヒョウだろうと、アクリル絵の具によって、命を吹き込まれてしまいます。

可愛い手のひらサイズの動物!

中田さんは言います。

「描くとき、私はいつも石に語りかけます」

石はそれぞれに魂を持っています。

中田さんはゼロから生み出すというより、その魅力を引き出すだけで良いと感じでいます。

最後に描くのはいつも目です。

本当に生が宿ったと感じたとき、筆を置きます。

「どれだけ手を加えたかではなく、どれだけ生命を感じるかが大事なのです」

確かに、冷たいはずの石の数々は血の温かみすら感じさせます。

中田さんはこれらの石を販売するストーンアーティストです。

しかし石が自分の手を離れるのはいつも辛いそうです。

道端の何気ないところに、生命は転がっているのかもしれませんね!

コメント

おすすめの記事