スキニージーンズやメガネのおすすめスタイリング

流行のスタイルがどんな体型にも似合うとは限りません。うっかり体型にマッチしないファッションに手を出してしまったばかりに、余計に太って見える結果に陥ってしまった....なんて経験に身に覚えがある人もいるでしょう。 せっかくコーディネイトするならばスタイルダウンするよりもスタイルアップして見せたいもの。より魅力的に見せる着こなし術のおさらいです。

1. スカート丈に注意

kkk

膝上丈のスカートは膝下が実際よりも 短く太く見えてしまいがちです。その反対に膝下丈のスカートなら、膝下が長く細く見える効果があります。

2. Aライントップス

asds

ゆったり着心地の良いAライントップス、好んでよく着る人も多いのではないでしょうか。しかし残念ながらこの胸から広がるラインは実際以上に上半身がボリュームアップして見えてしまうのです。ウエストラインを強調したトップスを選ぶことで着痩せして見えます。

3. 七分袖

fgz

腕の太さが気になる人は七分袖は避けましょう。袖で区切られた腕が強調され、返って腕が太く見えてしまいがちです。薄手のリブライントップスなら縦のラインが強調されるため、腕は長くスッキリと見える効果があります。手首が細い人は手首を出すと着痩せして見えます。

4. スキニージーンズ

fghj

何にでも合わせやすい定番、スキニージーンズ。脚に自信がない人はタイトすぎるサイズは避けましょう。パツパツのラインが強調され、脚が実際以上に太く短く見えてしまいます。

5. 素材・柄物に注意

bnm

流行アイテムとして取り上げられることも多いベロア素材やドット、幅広の横ストライプやラッフルですが、残念ながら着痩せアイテムではありません。取り入れる際は全体的にゆったりと着こなすのではなく、すっきりとした着こなしを心がけましょう。また、ドットやストライプも大柄ではないものを選べば、目の錯覚で太って見える....なんて事態を回避できます。

6. ゴツめの靴

ghj

大作りな印象の靴を履くと足が実際以上に大きく見えてしまいます。足がきつくない程度に足幅にスッキリフィットした靴を選びましょう。

7. ゆったりしたトップス

fgh

身体のラインを隠すのにはもってこいのゆったりトップスですが、着痩せ効果は望めません。それどころか、マタニティウエアだと勘違いされてしまうことも。ラクチンで着心地も良いのでついつい手にとってしまいがちですが、ほどほどにしましょう。体に程よくフィットするトップスを着ることで自分の身体を客観的に見つめることもできます。

8. 小さなバッグ

ghj

流行中のミニショルダーやミニバッグですが、小さなバッグが身体の大きさを強調してしまうため、着痩せアイテムとは反対の効果があります。スタイルアップを心がけたい時はミディアムサイズのバッグを選びましょう。

9. メガネ

nmm

お洒落の仕上げにメガネにこだわる人も多いことでしょう。しかしメガネ選びにも落とし穴はあるんです。フレームが太めの黒縁のレンズが大きなメガネの場合、鼻が大きく見えてしまうことも。また、人によってはきつい印象を与えてしまう場合もあります。自分に似合うフレームの色や大きさ、形のメガネを選ぶ際は必ず全身鏡でバランスを見ることが大切です。

10. ダウンジャケット

kl

寒い冬に欠かせないダウンジャケット、ご存知の方も多いように着ぶくれアイテムです。ダウンジャケットを選ぶ際は引き締め効果のあるダークカラーを選びましょう。ウエストシェイプのデザインも着ぶくれ防止に有効です。

好きなファッションを気にせず自信を持って着ることが何よりも大切ですが、いつもよりもスタイルアップして見せたいときなど、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメント

おすすめの記事