イギリス版パンケーキはこれまでと全く違う、食の革命だ!

トード・イン・ザ・ホールは英語で「穴の中のヒキガエル」と言う意味のイギリス料理で、焼いたソーセージをヨークシャー・プディングというパンケーキの親戚のような生地の中に入れてベイクしたものです。 家庭料理でありますが、パブでいただくパブ・フードとしてもよく見られます。通常はグレイビーソースをかけてビールと共にガッツリいただくような感じですが、今回のレシピは野菜を加えたヘルシーバージョン!彩り豊かです。

材料:

  • 植物油
  • パプリカ 赤・黄・緑
  • 赤玉ねぎ 1個
  • ソーセージ 3本
  • 小麦粉 180 g
  • 卵 3個
  • 牛乳 180 ml
  • 水 110 ml

作り方:

1. 油をスキレットいっぱいに張り、220度のオーブン(コンベックモード)で10分熱します。

2. ソーセージをフライパンで炒めます。そのあと短冊切りにしたパプリカと赤玉ねぎを同じフライパンで炒めます。焼きあがったソーセージは真ん中で斜めに切ります。

3. 小麦粉、牛乳、水、塩をよく混ぜて生地を作ります。

4. スキレットをオーブンから取り出し生地を注ぎます。野菜とソーセージを載せます。

5. スキレットをオーブン(220度)に戻し20分焼きます。

スキレットがなくても耐熱容器で焼くこともできます。コクのあるエール・ビールとともに流し込みましょう!

コメント

おすすめの記事