トイレに座っている時に携帯電話を使用しないほうがよい理由。健康に関わる大問題!

習慣としてよくやっていることが、実は思っているより危ないということがあります。例えば、トイレに座っている間に携帯電話をいじる。 1人で静かにメッセージをチェックしたりネットサーフィンしたりできる数分間ですが、実はこれはかなり危険だということをご存知でしょうか。

 

トイレ、特に公衆トイレには、ばい菌や細菌がたくさんいるというのは一般常識です。家のトイレでは日頃から掃除をしている場合リスクは低減しますが、公共施設では、トイレやその周辺がどれほど清潔なのか知る方法はありません。一見清潔に見えても、トイレを流すたびに目には見えないばい菌や排泄物が空気中に飛び散り、トイレの周囲の壁や設備に付着しています。手を洗っても洗面台やドアノブから細菌が付いてしまう可能性があるのです。

 

 

 

こうしたばい菌はサルモネラや大腸菌、伝染病を媒介します。こうした環境で携帯電話をいじると、携帯電話にも菌が付着します。手は洗いますが、携帯電話を洗うことはありません。

 

米アリゾナ大学の研究によると、携帯電話10台のうち9台には病気の原因となる細菌が付着しており、そのうち16%には目で見てわかる排泄物の痕跡があったそうです!細菌はどんどん繁殖していくことを考えると、本当にゾッとする調査結果です。

 

これからは、トイレに行く際は携帯電話はポケットまたはバッグにしまっておきましょう。目に見えない厄介なばい菌を退治するためにもトイレの後はきちんと手を洗うことをお忘れなく。

出典

Buzzfeed

コメント

おすすめの記事