集合住宅住まい?ならば8つの野菜を植えてみよう

自宅で野菜を育てる家庭菜園。丹精込めて野菜を育てる楽しさや、農薬の心配のない新鮮な旬の野菜を食卓に並べる喜びは、スーパーの生鮮食品コーナーで購入する野菜では味わうことができません。 でも...庭がないから、なんて理由で家庭菜園を諦めてはいませんか?もったいない! 室内での菜園は、庭の花壇での菜園につきものの害虫被害に悩まされることなく、一定の温度に保たれているため冬場でも霜とは無縁、植物によっては年中収穫が可能。一定の日照だけ確保できれば夏野菜だって室内で育てることができるのです。明日からでも出来るプチ家庭菜園、室内でも収穫可能な野菜を紹介します。

Jewels

 

1. きのこ

厳密に言うときのこは野菜ではなく菌類に分類されます。が、生物学上の細かい事はことはさておき、きのこは自宅で簡単に栽培する事ができるのです。きのこ類はほとんど日光を必要としないため、太陽の光の入らない暗い室内でも栽培可能、15℃〜20℃の温度が栽培に適しています。キノコ栽培の初心者の方には、インターネットで購入できる手軽なスターターキットも。毎日霧吹きで噴霧してしばらくすると...きのこがニョキニョキ生えてきます。適度な大きさまで成長したら食べ頃です!

pint1

2. トマト、ミニトマト

直接雨水に打たれるのを好まないトマトは室内やベランダでの菜園にぴったり。注意すべきはしっかり日に当てること。日当たりの良い場所で栽培しましょう。トマトの苗を購入して手軽に育てる意外にも、こんな簡単でユニークな栽培方法も。是非参考にしてみてください。完全に室内で栽培する場合、花が咲いても受粉を助ける昆虫はいないため、花を優しく振って受粉させましょう。

pint1

3. エンドウマメ、豆類

ビタミンやミネラルを豊富に含むエンドウマメなどの豆類は、栄養価の高いパワーフードです。トマトと同様に日当たりのよい室内で手軽に栽培できます。蔦が絡まりやすいような支柱を立ててあげる必要がありますが、小さな面積からも豊富に収穫することができます。

pole beans

4. 玉ねぎ、ネギ、ニンニク

多くのネギ類は、窓際で栽培することができます。台所で発芽した玉ねぎを土壌に埋めるだけ。十分な大きさの鉢植えと湿った土が必要ですが、水はけが悪いと腐ってしまいます。底に穴の空いた鉢植えを選びましょう。 

タマネギ栽培でスペースを有効活用したい場合は、大型のペットボトルやプラスチック製の空き容器をこんな風に活用するのも手です。

pint1

ネギ栽培ならもっとお手軽に栽培&収穫できます。根の部分をコップに入れた水に浸し、育つのを待つだけ。水は毎日替えましょう。

pint1

5. レタス、サラダ菜

レタスなどのサラダに最適な葉野菜は茎の部分を水に浸けて栽培する事ができます。茎から根が形成されたら、土を入れた鉢植えに植えましょう。サラダボウルいっぱいのレタスを収穫するには相当な時間と忍耐が必要ですが、料理を彩る添え物野菜としてなら頻繁に活用できそうです。十分に日当たりの良い場所に置きましょう。

pint1

6. キュウリ、ズッキーニ

キュウリやズッキーニの栽培は多少場所をとります。しかし黄色の大きな花は観葉植物のように室内に華を添えてくれます。夏野菜のトマトと同様に、雨に濡れるのが苦手で十分な日光を必要とするため、日当たりの良い窓際に置いて育てましょう。キュウリには熱を下げて体を冷ましてくれる効果があるので、暑い夏には是非積極的に摂取したい野菜ですね。完全に室内で栽培する場合は、受粉をお忘れなく。

Courgette flower

7. ピーマン、パプリカ

ピーマンやパプリカを収穫するには多少の栽培スキルが必要です。これらの植物は温暖な気候を好むため、種子を温かい水に浸けてくと発芽を促すことができます。日当たりの良い窓際で毎日水やりをしましょう。トマトやキュウリ同様に手作業で受粉させなければいけません。綿棒で優しく受粉させましょう。ピーマンやパプリカは湿度を好むため、土壌を乾燥させないようにしましょう。

Inca Berries (chili)

8. ショウガ

料理の味付けや薬味としてだけでなく、風邪を引いたときにも重宝するショウガ。血行促進効果が高く漢方にも使われる健康食材です。室内でショウガを栽培するには、まずショウガ一片をぬるま湯に一晩つけましょう。その後、大きめの鉢植えにショウガを植え、常温の水を霧吹きでスプレーして水やりします。数週間後には芽が生えてきます。そして待つこと約8ヶ月...ショウガの葉の色が黄色に変われば、収穫のサインです。

pint1

庭がなくてもベランダに十分な場所がなくても大丈夫、室内で手軽に家庭菜園ができるのです!集合住宅住まいでこれまで家庭菜園を諦めていた...そんな人こそ、レッツ・トライ!

コメント

おすすめの記事