壁紙の切れ端を捨てるのはちょっと待った!家具に貼って無駄なくオシャレに活用。

安く平凡な家具は飽きがきます。自分の家で毎日見ているものが知り合いの家にもあったりすると、ダブルでがっかりです。

そんな体験をしているのが多くの欧米の人たちです。オリジナルの物を自分で作り上げることに誇りを持つ人たちの間で流行り出したのがどこにでもある家具に綺麗な壁紙や紙を貼る方法です。のり付きの壁紙であればのりを塗るプロセスも省略できます。貼って家具の縁に合わせてカッターで切るだけです。写真やポスター、古い新聞などを使う場合にはのりを塗って貼り付けます。使用中に摩擦で磨り減りやすいような場所の場合、ニスを塗っておけば長持ちします。

それではいろいろな例を見てみましょう。

IKEAのなんの変哲もないタンスが綺麗な紙を貼って色を変えるだけでここまで部屋にマッチします。

imgur

自分の故郷や憧れの地の地図を使うのもアイディアです。

imgur

こちらはIKEAの引き出しではありませんが古びた引き出しを子供部屋に合うように色を塗って壁紙を貼りました。

imgur

こちらもIKEAの定番商品。でもちょっとした作業でここまで綺麗になります。装飾の入ったノブが雰囲気を大きく変えます。

imgur

植物が好きな人なのでしょう。

imgur

同じテクニックはなんの変哲もない木の箱などにも使えます。

imgur

壁紙のパターンを崩してもバランスさえ取れればしっくりと。

imgur

大きな壁紙がなくても綺麗な包装紙などを引き出し一つ一つにあてがって作ることもできます。

imgur

ダークなトーンでおしゃれに。

imgur

どこかの美術館のようです。古いポスターを流用して作ったそうです。

imgur

IKEAのBILLYという棚はとてもシンプルですが、それゆえに綺麗な紙を当てると、その魅力が際立ちます。

imgur

つまらないベッドも見違えるようです。

pin1

IKEAの白い引き出しもパステルのグラデーションにカラリングすればおしゃれ!

ピン2

こちらは引き出しの内側にお気に入りの布を張ったタイプ。引き出しを開けるたびに楽しいですね。

ピン3

pin4

壁紙を活用して爽やかな印象の家具に。

ピン6

古ぼけた棚も壁紙を貼ってあげれば新しい命が吹き込まれたよう。

ピン7

思い切って階段も壁紙で模様替え。空間全体の印象が変わりますね。
ピン8
長年使っている白いランプシェードに飽きてしまったら、壁紙を貼って印象をチェンジ。
ピン9
無機質で冷たい感じのする金属製キャビネットを目にするのはもう限界と思ったら、こんな風に印象を変えることもできるんです。
ピン10
ピン11

こちらはのり付きの壁紙を使った製作例です。壁紙をカッターで楽に切るテクニックが紹介されています(英語のみ):

これであなたのインテリアもワンランクアップ!やすい家具を買って自分の部屋の雰囲気にぴったり合うように変えてみましょう!

コメント

おすすめの記事