2つのクリエイティブな自作のアイディア: 小枝のコート掛けと手編みスヌード

だんだん寒くなってきていますが、こんなときは秋を楽しみ、さらに寒さに備えて冬支度をしましょう。

1. 小枝のコート掛け

必要なもの:

  • 太めの小枝
  • ノコギリ
  • 園芸バサミ
  • 木の角材(50センチ) 2本
  • 木の角材(30センチ) 2本
  • ドライバー
  • 木ネジ
  • 金槌

小枝をノコギリで30センチの長さに揃え、突き出ている部分が4センチ位になるようにハサミで切ります。小枝を50センチの角材に木ネジで固定します。

30センチの角材を50センチの角材に釘で固定し、さらに小枝も釘で固定します。

壁に釘で固定してコート掛けの完成です。

2. スヌード

必要なもの:

  • 毛糸 2玉 超極太 100 m
  • ハサミ

基本的に太い毛糸を使うと厚くてフカフカなスヌードになります。

両方の玉から毛糸の端を手に取り、腕の長さ6つ分を手繰ります。その長さで毛糸を切らず、引き結び(ビデオ参照)にして右の手首に通します。

12の作り目を右手に編み、その後に左手に編み移します。

右手に編み移す際に毛糸を玉から取ります。終わったら同じ作業を繰り返します。

毛糸を使い切ったら毛糸を止めハサミで切ります。

始めと終わりの部分を合わせ、残っている毛糸で編み合わせて完成です。

これでかさばる冬物のコートやジャケットを掛ける場所が増えます。さらに自分のオリジナルのスヌードで首元の寒さともおさらばです。

コメント

おすすめの記事