飲み会や隠し芸で必勝、6つのトリック

この6つのトリックを少し練習して、次の一杯を賭けてタダ飲みしてしまいましょう。

1. 手を使わずに缶を他のグラスに移す!

必ず空の缶を使いましょう。缶を思いっきり吹けば風圧で飛び出します。少しの練習とグラスの調整でかなりの確率で成功するようになります。

2. オリーブに直接触れずにグラスに入れる!

言いだす前にオリーブをテーブルの上に置いておきましょう。オリーブにワイングラスなどの口が少しすぼまったグラスを被せて円を描く動作を始めます。オリーブに触れたらそのまま遠心力でグラスの中にキープし、もう一つのグラスの上にかぶせて動作を緩めます。もう一つのグラスにコロコロっと入って終了!グラスの間のギャップが大きいとおr−部が逃げてしまうこともあるので注意。

3. 爪楊枝に触らずにボトルの中にコインを入れる!

ボトルの口の内径に比べて直径がかなり小さなコインを用意し、ボトルの口に真ん中で折った爪楊枝を載せます。その上にコインを載せてトリック開始!爪楊枝の折った部分に水を垂らすと爪楊枝が折った部分から水分を吸い込みまっすぐになろうとします。その結果ボトルの中にコインが落ちて大成功!

4. コインを落とさずにお札を抜く!

なるべくでこぼこしていないスムーズなお札を用意します。お札の片側を瓶に乗せ、その上にコインを数枚載せます。映画のテーブルクロスをテーブルから引き抜くシーンのようにお札を素早く引っ張るとコインが落ちずにお札だけ抜くことができます。

5. お札を掴む!

お札をつまみ、相手の手がお札の真ん中あたりに来るようにしてゲームを開始。相手が落ちるお札を掴めたらそのまま相手がお札をキープできます。でも人間の反応時間がお札の落下に比べて遅いため、相手がお札を掴めることはまずありません。

6. グラスを紙の上に立てる!

紙をアコーディオンのように折り二つのグラスの上に渡し、その上にもう一つのグラスを立てます。あくまでも紙の渡す方向を間違えないようにしましょう。

次の一杯以外にもいろいろなものを賭けたり、ただ単に余興として行ってもいいですね。

コメント

おすすめの記事