この8つの習慣があなたの体を危険に陥れる。

たとえば、睡眠不足が健康に悪いということは誰もが知っています。なぜなら、多くの人が両親から口を酸っぱくして教えられるからです。 しかし、私たちが毎日何気なくしている習慣の中には、実はそれと同じかそれ以上に有害なものがあるって知っていましたか?

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein von @raptorac geteilter Beitrag am

今回紹介するのは、無害そうに見えて実はけっこう危ない習慣8つです。

1. チューインガムを噛む

1

チューインガムといえば、エルマーのぼうけんでエルマーが7匹のお腹を空かせたトラを騙して危機を切り抜ける際に使った道具のひとつ。

子供の頃ガムを噛んでいても、さほど咎められなかった人も多いと思いますが、もし毎日チューインガムを噛んでいるととしたら要注意。ガムは噛みすぎるとエナメル質を溶かしてしまい、歯がボロボロになる恐れがあります。また、噛みすぎによって胃液が過剰になり、消化管の炎症や潰瘍すらも引き起こす可能性があるのです!

2. 熱いシャワーで洗髪

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Trendy Hair Fashion Oświęcim (@thfoswiecim) am

仕事終わりの、もしくはジョギングの後の熱いシャワーは最高ですね。けどチョット待って!シャワーの設定温度が高すぎると、皮脂分が温まり、乳化されてとけてしまうのです。そしてそれが文字通りシャワーで洗い流されて失われてしまう…結果として、頭や頭皮の肌が弱まってしまうのです。設定温度は、多少ぬるめの38度~40度が適切なのではないかと言われています。

3. ツバつけときゃ治る説

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein von @_send_nugget_ geteilter Beitrag am

子供時代、遊びに夢中になって、転んだり、つまづいたりして、すり傷や切り傷を作ってしまった時、誰かに「ツバつけときゃ治る!」って言われた記憶ありませんか?確かに、唾液には優れた殺菌作用があるのは事実。しかし口内には非常に多くの細菌が潜んでいることは無視できません。傷口に唾液を付けると、それらの菌を血液内に押し込んでしまい、最悪の場合心臓に障害をもたらすこともあるんだとか。

4. 寝る前の読書

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von C. E. Morgan (@therealcemorgan) am

寝る前にリラックスするために、ベッドの中で読書をするなんて人も多いのでは?でもやっぱり、正しい姿勢で読書するに越したことはありません。横たわった姿勢で読書をすると、視力の低下や慢性的な首の痛みを引き起こします。

5. つまようじでシーハーする

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Erwin lesmana (@erwin_bolienk) am

なぜか「シーハー」という謎の擬音がつけられるつまようじで歯の間を掃除する行為。しかし先端が尖ったようじは繊細な歯ぐきを傷つけてしまう可能性大。歯科医はよりソフトなフロスを勧めています。

6. クシャミを我慢する

pin1

以前こちらの記事でも紹介しましたが、クシャミを我慢することはかなり危険な行為です。一説によると、くしゃみは時速180キロの速度で放出されると言われており、それを抑えてしまうとその分の圧力が体内にかかります。結果として、鼓膜や食道を傷つけてしまう恐れがあるのです。

7. トイレ我慢

Toilet

クシャミと同様に、トイレを我慢することもやっぱりデンジャラス!無理しすぎると、膀胱炎や便秘を引き起こします。これは痛みを伴うだけでなく、血液中毒のような他の健康への影響をもたらす可能性があるので要注意!

8. ささやく

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von 정수빈 ❀ Subin (@su__biin_) am

耳元でささやくなんてロマンチックなシチュエーションですが、実はささやき声は喉を痛める可能性が指摘されています。ささやき声は声帯を振動させないまま肺からの空気を無理に送ろうとして発せられるため、過剰な気流で声帯が乾燥してしまいます。また、のどに力が入ってしまうため負担がかかってしまうのだとか。結果として、声帯を傷めてしまう可能性が高いと言われています。

いかがでしたか?どの行為も、普段何気なくやってしまっていませんでしたか?ぜひシェアしてくださいね!

出典

brightside

コメント

おすすめの記事