フォークを使った裏技・ライフハック大集合

キッチンにいつもあるフォーク。どこにでもあるフォークを使ったライフハックの特集です。毛糸でポンポンを作ったり、缶を開けるのに使ったり、庭仕事の敵から守ってくれたりするライフハックや、装飾用のリボンを綺麗に作ったりする裏技が大集合!

1. 手作りポンポン

必要なもの:

  • フォーク 四つ又
  • 毛糸 お好みの色
  • ハサミ

作り方:

1.1. 毛糸を10センチ弱の長さに切り、フォークの真ん中に通します。

1.2. フォークを毛糸玉から取った毛糸でぐるぐる巻きにします。

1.3. 最初の1本で上下から輪っかを作り固く結びます。

1.4. フォークから毛糸を抜き取り、ハサミでループ状になっている両はしを切ります。

1.5. 毛足を揃えると毛糸のポンポンの出来上がりです。

2. 缶を開ける

伸ばした爪などで缶を開けるようなリスクは避けたいものです。そんな時には迷わずにフォークを使いましょう。

3. 獣害・鳥害を防ぐ

ガーデニングで大切な植物を小動物や鳥に荒らされたくない時に使えるのがこの技です。透明なプラスチックのフォークを土に挿しておくだけで招かれざる客の来訪を防ぐことができます。

4. ミニリボン

必要なもの:

  • フォーク 四つ又
  • リボン 2本 細いもの 作例では2色
  • ハサミ
  • ロウソク ライターなどでも

作り方:

4.1. フォークの又の根元の部分に交互にリボンを通し、段を終えるごとに折り返します。5段通します。

4.2. もう1本のリボンを真ん中で束ねるように結びます。

4.3. フォークからリボンを外し長く垂れているリボンを全て同じ長さに揃えます。切った部分を火であぶり、ささくれないように処理します。

プレゼント用装飾などの一部として使います。

5. 自家製パーマ

5.1. お金のない時に髪質によっては使えるのがこのライフハック。まず髪の毛を濡らします。

5.2. プラスチックフォークに髪の毛を巻きつけて頭髪本体に何本も挿します。

5.3. 乾燥したらフォークを外します。カーリーな髪の毛になっているはずです。

6. コルクオープナー

コルクオープナーがない時にはネジとフォークを用意しましょう。まずネジをコルクに入れ、頭の部分にフォークを引っ掛けてコルクを引き抜きます。

7. 鼻のハイライト

スッとした鼻をメイクアップで表現したい時に使えるのがこのトリック。まずフォークの真ん中の部分に沿ってハイライトを入れます。その両側にシャドーパウダーを入れることによってまっすぐなラインを入れ、なじませれば綺麗にまっすぐなハイライトを入れることができます。

8. カーペットの凹み

家具の重みでできるカーペットの凹みが気になったらフォークで何回か引っ掻いて見ましょう。毛の弾力が戻って凹みがなくなります。

フォークは食べるためだけのものではありませんね!手軽で簡単なフォークの裏ワザ、ぜひシェアして広めてください!

コメント

おすすめの記事