ブーツやスニーカーのニオイ対策:簡単な消臭方法9選

夏場は素足で履くパンプスやスニーカー、冬場は汗のこもるブーツと夏でも冬でも気になるのは靴のニオイ。 おうちにお邪魔した時に靴を脱ぐとき、居酒屋さんやレストランなどで靴を脱いで揃えておくとき、自分の靴のニオイにギョッとしたことのある人も多いはず。

簡単に洗えない靴だからこそ、消臭対策に気をつけたいもの。簡単で効果抜群の消臭対策をご紹介します。

Nikita Rogul/shutterstock

1. 冷凍庫へ

ニオイの発生源となる雑菌を退治する方法がこちら。靴を冷凍庫に入れてしまうのです。靴の中に丸めた新聞紙などを入れて、靴をフリーザーバッグに入れます。これを一晩冷凍させるだけです。

gefrierfach

2. コーヒーの粉

コーヒーの香りが好きな方にオススメなのがこの消臭法。お茶パックや古い靴下の中に大さじ1杯ほどコーヒーの粉を入れ、口を閉じて靴の中へ一晩置いておきます。

3. 猫砂

コーヒーの粉の代わりに猫砂を使っても効果あり。猫のおしっこの臭いも吸収するほどの猫砂は、靴のニオイも湿気もしっかり吸収。雑菌の繁殖を抑えます。

katzenstreu

4. タイツ

靴下やお茶パックの代わりに、古くなったタイツも使うことができます。タイツの足の部分を切って、重曹を入れお好みのエッセンシャルオイルを加えて口を縛り、靴の中へ一晩。翌日、ニオイが消えているだけでなくお気に入りの香りがするのも嬉しいですね。

strumpfhosen

5. 重曹やベビーパウダー

消臭効果に優れている重曹やベビーパウダーを直接靴の中にふりかけてもOK。一晩経ったら、掃除機で吸い取るだけです。

puder

6. シナモン

シナモンも昔からよく使われている消臭アイテムで、ヨーロッパではシナモンソールと呼ばれる靴の中敷も販売しているほど。シナモンの粉を靴の中に直接振りかけ翌朝掃除機で吸いだせば完了です。

zimt

7. ティーバッグ

紅茶などのティーバッグを靴の中に放り込んでおくだけ。しっかり湿気を吸い取ってくれます。

teebeutel

8. タイガーバーム

蓋を開けたタイガーバームの瓶を靴箱の中に一晩置いておきましょう。靴箱の中の靴をみんなまとめて消臭します。

Tiger Balm

9. 足湯

靴の消臭対策をしたら、足にも対策をしてあげましょう。桶にぬるま湯を張り、重曹とバスソルト(エプソムソルト)を混ぜ、15分足浴をしましょう。足元から全身リフレッシュできます。

fußbad

消臭スプレーを買わなくても、すでに家にあるものを工夫して消臭アイテムとして使うことができます。明日は人前で靴を脱ぐ機会がありそうだったら、ぜひ今夜のうちにやってみましょう!

出典

taff

コメント

おすすめの記事