【食欲の秋を楽しむ】秋の味覚西洋風レシピ8選

秋になると体も心も温まるものが食べたくなります。食欲の秋を存分に楽しむレシピをまとめてみました。ただ普通の秋の味覚なら皆さんも既に沢山ご存知なので、西洋風のものを8つ集めてみました。

1. 芽キャベツのキャセロール

ビタミンやミネラルの豊富な芽キャベツはとても健康的!でもその独特の風味が特に子供達に嫌われがちです。でも下ごしらえをするとずっと食べやすくなります。さらに肉団子と合わせて無敵の美味しさ!レシピの詳細はこちらです。

2. デンマーク風豚ヒレ

豚肉のなかでもカロリーが低いヒレ肉は、たっぷり食べても罪悪感なし!ビタミンB1たっぷりで疲労回復効果も嬉しい豚肉はこの時期美味しく食べたい食材のひとつです。今回は、いつもとちょっと変わったデンマーク風のレシピをご紹介します。豚ヒレを使った洋風料理はクリームソースが一般的ですが、デンマーク風ではマッシュルームの入ったマスタードソースをかけるのがポイントです。レシピの詳細はこちらです。

3. 丸ごとかぼちゃピラフ

ハロウィンにも欠かせない秋野菜の王様カボチャはビタミンも栄養もたっぷり、健康と美容の強い味方です。 いつものかぼちゃの煮物やサラダに飽きたら、こんなびっくりアレンジメニューはいかが?かぼちゃの中にピラフを詰めて丸ごと焼けば、ほくほくかぼちゃと野菜やご飯の美味しいマリアージュが生まれます。レシピの詳細はこちらです。

4. ひき肉とじゃがいものキャセロール

日本の家庭料理の代表といえば肉じゃが。それの西洋版といえばこのひき肉とじゃがいもを使ったキャセロールでしょうか?フレッシュなオレガノを使えばワンランク上の香りがキッチンに漂います。レシピの詳細はこちらです。

5. 丸ごとカリフラワー ベイク

秋になると集荷量の増えるカリフラワーはビタミンB・Cやカリウムが多く含まれ、カロリーも低いのでセレブに大人気の野菜です。ビタミンが健康や美容にいいのはもちろん、カリウムがむくみを減らしてくれます。中でもポピュラーな食べ方は主食の代わりに丸ごと食べてしまう方法。ベシャメルソースとチーズでカリフラワーの匂いが苦手な人でも意外にいけちゃいます。レシピの詳細はこちらです。

6. かぼちゃニョッキ

食欲の秋。秋といえばかぼちゃ!このかぼちゃを使って本格的なイタリア料理を作るレシピです。かぼちゃってあんまりイタリアンな感じがしませんよね?でもこのレシピではオレンジのパンプキンを使った手作りニョッキをご紹介します。レシピの詳細はこちらです。

7. サボイキャベツのお食事ケーキ

サボイキャベツを湯通しすると柔らかくなり、葉が柔らかくなります。これとひき肉を重ねて焼き上げるのがこの巻かないロールキャベツのレシピ。タネのつなぎにご飯を使うの本場東欧風です。食べるときはケーキのように切り分けていただきましょう。食物繊維たっぷりのサボイキャベツとひき肉のプロテインがたっぷりの栄養豊富な一品です。レシピの詳細はこちらです。

8. かぼちゃケーキ

一風変わったかぼちゃのケーキを作るレシピですが、甘いティータイム用のケーキではありません。ホースラディッシュをホイップクリームに仕込んだ、チーズとソーセージたっぷりのお食事ケーキです。チーズは生地にも具材にもたっぷっり詰めてお腹大満足!レシピの詳細はこちらです。

ほとんどのレシピがオーブンを使うものですが、量を少なめにすればオーブントースターでも作れるものがほとんどなので試してみてください。

コメント

おすすめの記事