栄養たっぷり!ドイツ料理の定番ローストポーク| シュバイネブラーテンのりんご詰め

ドイツ料理の定番中の定番、ローストポーク「シュバイネブラーテン(または、シュヴァイネブラーテン)」。ドイツでは、ビアガーデンやレストランなどで注文を迷ったときに、シュバイネ ブラーテンを選べば外れがない、と言われています。そしてこちらは、ドイツの「豚の焼き肉」に今回は、酸味が爽やかな、りんごのソースを詰めてみました。

ビタミンB1をはじめとするビタミンB群や亜鉛、鉄分、カリウムを豊富に含む豚肉にビタミンA、ビタミンC、カリウム、ペクチン、セルロース、ポリフェノール、クエン酸やリンゴ酸を含むりんごを合わせた黄金のコンビネーション。風邪をひきやすい冬場もこれで元気をつけて乗り越えましょう。

材料:

ローストポーク:

  • 豚ロース 1.25 kg 塊
  • ひき肉 250 g
  • 玉ねぎ 1個
  • りんご 2個
  • にんにく 2片
  • 胡椒
  • ローズマリー 小さじ1/2
  • シードル 100 ml
  • パン粉 大さじ2

野菜添え:

  • じゃがいも 400 g
  • カリフラワー 半株
  • りんご 1個
  •  カレー粉 大さじ1
  • クミン 大さじ1
  • 胡椒
  • オリーブオイル 大さじ3

作り方:

  1. ひき肉をフライパンで炒め、みじん切りの玉ねぎ、細かい角切りにしたりんご、細かくみじん切りにしたにんにくを入れ、塩胡椒で味を調整して更に炒めます。火が通ったらローズマリー、シードル、パン粉を入れて混ぜながら炒めます。
  2. 豚ロースの塊の筋を取り、真ん中に切り込みを入れて肉を開きます。軽く塩胡椒します。
  3. 広げてある豚ロースの真ん中に炒めたひき肉をスプーンで載せて肉を巻きます。たこ糸で数センチごとに縛り、耐熱容器に載せます。
  4. サイコロ切りにしたじゃがいも、カリフラワー、りんごをボウルに入れ、カレー粉、クミン、塩胡椒、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせます。耐熱容器の上の豚の塊の周りに載せます。
  5. (対流式の場合)予熱しておいた160℃のオーブンで約35分程焼けば出来上がりです。

少し手間がかかりますが、出来上がった時の満足感は一際です。家族や友達と切り分けて胃も心も温かいひと時を過ごしましょう!

コメント

おすすめの記事