ちえとくをフォローする

Lifehacks

【ご飯革命】細かく刻んだアスパラにバターとめんつゆをかけてチンする これをあるものに混ぜたら美味しさに感動が止まらない

春から初夏にかけてが旬のアスパラガス。最近ではヨーロッパの定番、ホワイトアスパラガスも見かけられるようになりましたが、色鮮やかなグリーンアスパラガスがまだまだ定番です。

アスパラガスは1本あたりのカロリーが約5kcalと低カロリーで、そのほとんどが水分ですが、実はビタミンやミネラルが豊富で体に嬉しい食材。疲労回復を助けるアミノ酸抗酸化作用をもつルチン、また胎児の発育に役立つとされる葉酸を主に含んでいます。

そんなアスパラガスを使った革命的混ぜご飯レシピをTwitterで紹介したのが、料理研究家のジョーさん。(料理研究家) レシピ本重版決定!@syokojiro)それがこちらのレシピです。

ジョーさん自身も「なぜ人類はいままでやらなかったんだ…!?」と豪語するこのアスパラご飯、詳しい作り方をご紹介いたします。

<アスパラご飯の作り方>

材料:
– アスパラガス 4〜5本(細めのもの)
– めんつゆ(3倍希釈)大さじ1.5
– バター 2かけ
– ご飯 1善(180〜200g)

作り方:
①アスパラガスを細かく刻む
②耐熱皿にアスパラガスとバターを入れて600wのレンジで2分チンする(500wの場合は2分半ほど)
③ご飯と混ぜて完成

[email protected]

 

また、炊き込みご飯にする場合のレシピも紹介されています。

特別な材料が不要、手軽で簡単にできる混ぜご飯レシピは多くの人が実際に作った様子。これまでに20万人以上の人が「いいね」をしています。

外出自粛に在宅ワーク、お子さんがいる家庭では休校措置など、自宅にいる時間が多く、自炊回数がどうしても増える中「料理のレパートリーが尽きてしまった」「料理をすることに疲れてしまった」そう感じている人も多いのではないでしょうか。
そんな時はこのレシピでいつもの食卓の雰囲気をちょっと変えてみるといいかもしれません。