簡単で快適!この夏の暑さ対策5選

猛暑、そして酷暑の夏をどう生き抜くか。今年の暑さ対策に頭を悩ませている人も多いはず。今回は今から簡単にできる、寝苦しい熱帯夜を快適に過ごす方法や、DIYひんやりグッズの作り方をご紹介します。

1. 暑くて眠れない!

熱帯夜では一晩中エアコンをつけっぱなしにして寝る人も多いはず。暑いのを我慢して眠っても体の疲れは取れず、睡眠不足にもなってしまいますよね。かといって、ガンガンにエアコンをかけたままだと体が冷えてしまいます。そこで、エアコンの温度設定はそれほど下げずに寝つきを良くするのがこの裏ワザ。冷却パックやアイスパックなどを枕の下に置いてみてください。快適です。

2. DIYひんやり扇風機

扇風機をにこれを設置するだけでエコなクーラーに。

材料:

  • 扇風機
  • ライター
  • ドライバー
  • ペットボトル 2本
  • カッター
  • 針金

作り方:

2.1 ドライバーの先端をライターで炙って、ペットボトルに刺して穴を開けます。

2.2 ペットボトルの底を切り落とします。

2.3 ペットボトルを針金で扇風機にくくりつけ…

2.4 氷を入れて扇風機のスイッチオン!生ぬるかった風がひんやり冷却されています。氷が溶けたら、ボトルのキャップを外して排水し、新たな氷をセットしてください。

3. 自家製スプリンクラー

子どももワンコも喜ぶ自家製スプリンクラーの作り方がこちら。

材料:

  • ペットボトル
  • ドリル
  • 絶縁テープ
  • 散水用ホース

作り方:

3.1 ドリル、またはライターで炙ったドライバーでペットボトルに穴を開けます。

3.2 キャップを外して散水用ホースをセットし、絶縁テープで固定したら水を流します。庭の緑はもちろん、子どもやワンコも喜びます。

4. 飲み物の急速冷却

今すぐ冷たい飲み物を飲みたい、そんな時は買ってきたジュースに濡らしたキッチンペーパーを巻きつけ冷凍庫へ。一気に冷却されます。

5. 蒸し風呂状態の車

炎天下に駐めた車に乗り込むのはかなり勇気がいりますよね。少しでも早く温度を下げるにはこんな方法がオススメ。まず全ドアの窓を開け、運転席のドアで仰ぐように外の空気を車内に入れます。一定の空気を流すことで車内の温度が下がります。

真夏の暑さを乗り切る裏ワザ、ぜひ試してみてください!

コメント

おすすめの記事