オレンジと松ぼっくりで作る自作の簡単バードフィーダー

冬は自然界の動物にとって食糧難の厳しい季節。庭先に小鳥たち用の餌台(バードフィーダー)を設置しておけば、野鳥のオアシスになります。そんな野鳥たちの助けになるだけでなく、訪れる野鳥を部屋にいながら観察できるのもバードフィーダーを設置するメリットでしょう。餌台といっても、大きな家具を買う必要はありません。簡単にできるバードフィーダーの作り方2種をご紹介します。

1. オレンジでバードフィーダー

材料:

  • オレンジ 1個
  • ハサミ
  • 麻紐など
  • 野鳥のまき餌ブレンド
  • アーモンド
  • ドライクランベリー
  • ココナッツオイル

作り方:

1.1 オレンジを半分に切って果肉をくり抜きます。

1.2 オレンジの皮に二ヶ所穴を開けます。

1.3 麻紐を穴に通して、輪を作り枝などにかけられるようにします。

1.4 オレンジの中に野鳥のまき餌を詰め、アーモンドとドライクランベリーで飾ります。

1.5 温めて液体にしたココナッツオイルを流し込み、20℃以下の場所に置いて固めます。

1.6 オイルが固まったら、庭木などから吊るしてみましょう。野鳥たちの憩いの場になるはずです。

2. 松ぼっくりバードフィーダー

材料:

  • 松ぼっくり
  • 麻紐など
  • ピーナッツバター
  • 野鳥のまき餌ブレンド

作り方:

2.1 松ぼっくりの上部に麻紐を巻きつけておきます。

2.2 周りにたっぷりピーナッツバターを塗ります。

2.3 あとは野鳥のまき餌ブレンドをピーナッツバターにくっつければできあがり。オレンジのバードフィーダーと一緒に並べれば、野鳥たちの人気スポットになるはずです。

家の周りでは何種類の小鳥たちが住んでいるのでしょう?バードフィーダーでぬくぬくとお家にいながらのバードウォッチングをどうぞ!

2本目の動画の詳細はこちらからご覧ください。

コメント

おすすめの記事