【お掃除ライフハック】お風呂の床の黒ずみや白い汚れもオキシクリーンを使えばキレイになる

ちょっと油断しただけでお風呂場の床に石鹸カスの汚れが溜まってしまった…。とくにタイルが黒かったりすると、汚れが余計に目立ってしまって見っともないですよね。

pin

一生懸命ブラシでゴシゴシこすってもなかなかとれないし…しかも腰まで痛くなるから大変…。

そこでオススメなのが酸素系漂白剤オキシクリーンを使った風呂床掃除です。

pin

こちらからオキシクリーンを使った簡単なお掃除方法をご覧下さい!

1.まずは排水口にネットを被せる

pin

こうすれば排水口に栓をすることができます。

2.オキシクリーンをふりかける

pin

お風呂の床に豪快にオキシクリーンをばらまきます。量は付属の計量スプーン3杯ほどですが、計らなくてもOKです。

3.60度のお湯をかける

< pin

吸水温度を60度に設定し、オキシクリーンの上からシャワーでお湯をかけます。脱衣所まで水が溢れないように注意が必要です。

4.2〜3時間放置する

pin

後は2〜3時間放置するだけ。この間に洗濯物を畳んだり、ほかの家事を済ませることができます。

5.お湯を抜いて水で流す

pin

待っている間にこびりついた汚れがたくさん浮き出てくるはず。栓を抜いてお湯を流したら、冷水シャワーでぬめりがなくなるまで流せば終了です。

家事には色々と便利なオキシクリーンですが、こんな使い方もあったんですね!ぜひ試してみて下さい。

コメント

おすすめの記事