収納スペースを増やせる、金属パイプと継手を使った壁付けレール

この女性はトイレは壁が白のタイル貼りで、見た目を気に入っていたのですが収納スペースがなくて悩んでいました。 スタイルにあった物でないと折角のタイルが映えません。そこで思いついたのがこの収納方法。

YouTube/Ana White

この作例では60 x 120センチのL字型のバーを作りましたが、ストレートな一本のバーであればさらに簡単です。Tエルボ、Lエルボ、フランジなどの配管用の継手で作ります。

YouTube/Ana White

金属パイプを継手で組んだ後、2.5 x 15センチの板をパイプより少し長めに切り出しました。L字に組み木ねじで固定しました。角の部分にちょうどTエルボの空いている側が差し込めるように穴を開けました。これでバーの角の一が下がることを防げます。

YouTube/Ana White

レトロな感じの出るニスを塗り一晩乾かした後、フランジを板にネジ止めし、さらに壁のコンクリートプラグの位置に合うように印をつけてそこもネジ止めしました。

YouTube/Ana White

出来上がったら早速フックなどをぶら下げて活用しましょう。作例ではさらにぶら下げるシェルフを作り、いろいろな物をおしゃれに収納できるようにしました。タイルの壁とマッチしていますね!

YouTube/Ana White

こちらが作りかたを紹介したビデオ(英語のみ):

これだったら週末にでもできそうですね。パイプの長さなどは前もってホームセンターや業者に切ってもらいましょう。

コメント

おすすめの記事