ランプシェードを手作り|ビーチボールに紐を巻くだけ! おしゃれなランプシェードを簡単DIY

おしゃれなランプシェードを手作りしてみませんか?引越し以来ずっと裸電球...ちょっと物悲しい。でも部屋の雰囲気に合うお気に入りの色のランプシェードを見つけるのは難しいものです。そんなあなたに、今日は好きな色のランプシェードを簡単に手作りする方法をご紹介します。使うのはビーチボールと毛糸。子供でも簡単に作れるDIYプロジェクトです。

材料:

  • ビーチボール
  • リング付き電球ソケット
  • 好きな色の毛糸
  • マーカーペン
  • お椀やアイスクリーム皿など
  • 接着剤(木工用ボンド・デンプン糊など)
  • ラップ
  • 刷毛

作り方:

1. まず、ランプシェードの電球とケーブルを通す空間を作る位置に印をつけます。リング付き電球ソケットのリングを、ビーチボールの頂点に置き、マーカーペンで輪郭をなぞります。次に、ビーチボールの反対側に、お椀やアイスクリーム皿などを使って円を描きます。この円が小さすぎると、あとで手を入れて電球を交換することができなくなってしまうので注意してください。

2. 水と接着剤をよく混ぜます。作業スペースをラップなどで覆っておきましょう。

3. 2.の接着剤と水を混ぜたものを、刷毛でビーチボールに塗ります。

4. 毛糸などをビーチボールの周りに巻いていきます。この時、1.で描いた円には毛糸を巻かないよう気をつけてください。どの程度毛糸を巻きつけるかはお好みで。

5. 十分毛糸が巻けたら、毛糸の端をほどけないように結んで止めます。続いて、接着剤と水のミックスを毛糸の上から、満遍なくたっぷりかけます。アイスクリーム皿などの上に置いて、室外で乾かします。

6. 完全に乾いたら、ビーチボールの空気を抜き、毛糸のランプシェードから取り除きます。

7. 最後はリング付き電球ソケットと電球をはめ込めば、出来上がり。天井からぶら下げてみましょう。

赤や黄色、ブラウンや緑、いろんな色で作りたくなる簡単なランプシェードです。温かみの室内照明がインテリアのおしゃれなアクセントになります。

コメント

おすすめの記事