ベランダで栽培できるおすすめ野菜12選

家庭菜園はあこがれるけど、庭もないし、何から始めていいのかわからない…と思っていませんか?大丈夫!庭や畑がなくても、ベランダや植木鉢でもおいしい野菜を育てることは可能です。

Gemüse auf dem Balkon anpflanzen

キッチンのすぐ近くに野菜畑があれば、いつでも新鮮な野菜が採れてとても便利!カラフルな野菜たちは目にも美しく、ベランダを彩ってくれます。さらに、トマトなど雨に弱い野菜を病害から守ってくれたり、家の壁からの放熱で寒さに弱い品種でも育てられるなどメリットもたくさん。

ベランダやプランターでの栽培に向いていない種類の野菜もありますが、ここで紹介する野菜ならベランダ菜園でも豊作が期待できます。自分が育てや野菜を食べる時の感動は格別ですよ。

1. ラディッシュ

サラダの彩りやお漬物がおいしいラディッシュはベランダ栽培に一番おすすめな野菜。二十日大根と呼ばれる通り、成長が早く、小さな実であれば1ヶ月前後で収穫できます。4月から9月にかけて種をまくことができます。

Radieschen

2. トマト

最もよく植えられている野菜がトマトでしょう。特にミニトマトは育てやすくおすすめです。プランターはもちろん、大きめの鉢や、ハンギングバスケットでも育ちます。太陽光をたくさん当てるのが収穫量を増やすコツです。水は土が乾いてから、たっぷりあげるようにしましょう。

Tomaten

3. 豆

枝豆、スナップエンドウ、ソラマメなどの豆類もベランダで簡単に栽培できます。豆を育てるには支柱が必要です。バルコニーの手すりにからませれば、グリーンカーテンにもなりますよ。

Bohnen

4. リーフレタス

ベランダでレタスを栽培すれば、いつでも採れたてのサラダが楽しめます。リーフレタスはいろいろな種類がありますが、どれも育て方は簡単。種をまいて、葉が混み合ってきたら、枝元からハサミでカットしてベビーリーフとして収穫しましょう。

Pflücksalat

5. ナス

ナスもベランダのプランター栽培にオススメの野菜。ただ、ナスは水と肥料をたくさん必要とするので、十分に水や肥料をあげてください。また害虫がつきやすいので、少し注意が必要です。

Auberginen

6. ほうれん草

ほうれん草は植木鉢で簡単に栽培できます。ほうれん草は半日陰を好むので、ベランダの隅に置いてもぐんぐん成長し、豊作が期待できます。

Spinat

7. スイスチャード

食卓がぱっと華やぐスイスチャードもベランダで育てやすい葉物野菜です。縦に伸びるので、小さなプランターで栽培できるのがいいところ。見た目も鮮やかでベランダの彩りにもなります。

Mangold

8. ニンジン

ニンジンは涼しい地方であれば、バルコニーで栽培できます。タネを撒いた後、数回間引きして、苗の間隔を5 cm程度あけるようにしましょう。家庭菜園のいいところは、間引きニンジンや葉が食べられること。葉は茹でて和えものにしたり、炒めたり、かき揚げもおいしいですよ。葉にも食物繊維、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

Möhren

9. きゅうり

きゅうりもバルコニーで栽培できます。ピクルス用のミニキュウリなどは特に育てやすい品種です。トマトと同じように夏の太陽が必要。そして風通しのよい環境を好みます。きゅうりは花が咲いてから実が大きくなるまでが早いので、毎日チェックして、20cm前後になったらすぐに収穫しましょう。

Gurken

10. ズッキーニ

ズッキーニはもベランダ菜園で育てられますが、他の野菜より少し広めのスペースが必要です。また、暖かくて日当たりの良い環境を好み、たくさんの水が必要です。ベランダでズッキーニを育てるなら、40リットル以上の鉢を用意しましょう。

Zucchini

11. ニンニク

色々な料理に活用できるにんにく、ベランダで簡単に栽培できるんです。植え付けは秋ごろ。種球を購入して株間を10 cm程度あけて3〜5cmの深さに植え付けましょう。日当たりの良い場所でやや乾燥気味に育てます。

Knoblauch

12. パプリカ

パプリカもベランダで育てるのに適した夏野菜です。高温を好むので、5月上旬以降、昼間の気温が20℃以上になってから苗をプランターに定植しましょう。肥料や水がたくさん必要です。朝夕の水やりと追肥をして育てましょう。

Green Peppers

野菜によって水や肥料をたっぷり必要とするものや、乾燥気味な環境を好むものなどいろいろあります。まずは育てる野菜の特性を調べて、毎日、野菜の様子を観察しましょう。

他にバルコニー菜園での失敗の原因のひとつが風通し。風通しが悪くなると、ジメジメしてしまい、害虫や病気の温床に。また暑い日に空気が動かないと高温になり、野菜がうまく育ちません。室外機の温風が直接当たらないように注意して、プランターや植木鉢を密集させず、空気の通り道を確保する工夫をしてください。

ポイントを押さえて、ベランダでおいしい野菜を育ててくださいね。

プレビュー画像: ©Pinterest/no-dig-vegetablegarden ©Pinterest/Apartment Hana Magazine

コメント

おすすめの記事