ミス・ユニバース栄養コンサルタント、エリカ・アンギャルが語る血液型別ストレスの違い

A、B、AB、そしてO。人は、人生のどこかの段階で自分の血液型を知ることになります。  この4種類の血液型は、さらにR+とR-という2つのパターンに分類されます。自分がどの血液型になるのかはどうやら生まれるまえに決まっているようですが、血液型があなたの体質にも影響を与えることを知っていますか?

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルが、2011年に出版した自著『美女の血液型BOOK』の中で「A型はO型の2倍もストレスを感じている」とする見解を発表し、波紋を呼びました。

Stress

彼女いわく「A型はストレスホルモンと呼ばれているコルチゾールの分泌が普段から多く、O型の2倍といわれている」そうで、O型はまさにその真逆で「よほどのことがなければ平常心を崩すことがないけれど、いったんストレスに大きく反応すると、通常、回復するのに時間がかかってしまう」とのこと。

また彼女はB型はストレスホルモンに関してはA型に近くコルチゾールの分泌が多い方で、AB型はストレスへの反応がO型の人に近いと指摘します。つまりA型の人が一番ストレスが多い分回復が早く、O型、AB型はストレスが溜まりすぎると回復に一番時間がかかってしまうということなのでしょう。

pin

この記事を読んで、改めてなるほど!と思った人も多いのではないでしょうか。まさか血液型がストレスへの体の反応にまで影響を与えるなんて、驚きですね。

コメント

おすすめの記事